2359 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

尾崎世界観の『めざましじゃんけん』

クリープハイプが好きって言っても良いですか?

[曲も演奏も凄く良いのになんかあの声が受け付けない
もっと普通の声で歌えばいいのにもっと普通の恋を歌えばいいのに]【社会の窓】

一体どれだけの誹謗を受け、謂れなき中傷をされてきたのか。
この歌詞を敢えて入れた意味、覚悟について思考を巡らせる。

出る杭は打たれる。少なからず誰しもが経験している不条理。
「大人になる」と同義で用いられる「丸くなる」という暗喩のような直喩。
尖がっていたいと願うばかりの厨二の幼心は、歳を重ねる毎に削られていく。
上流から下流に向かい丸みを帯びていく河原の小石の様に。

「クリープハイプが好き」だと思ったのは直感。
その甲高い声が堪らなく好きなのは選ばれしマイノリティ。
実はそんなに嫌いじゃない、自分の天の邪鬼な性格。
自分には無かった「特別」を「クリープハイプが好きな自分」で補っていく。

「クリープハイプが好き」って言うと異端扱い。
「意外だね」以外の言葉が見つからず遺憾の意を表明するマジョリティ。
本人には堪らない、凡人には嵌らない良さがあるんだよ。
「誰からも好かれるもの」よりも「一部の人達だけがこよなく愛すもの」の方が居心地が良い。

先天的なものかも知れない。
老若男女に受け入れられる王道のメインカルチャーは苦手。
クラスの端っこを好んで生息するサブカルチャーが最善手。
人格形成に於ける疎外感は阻害されてきた歪み。

それでも「好きな物は好き」と言いたい時もある。
「クリープハイプが好きな人ってメンヘラでしょ?」と言われても。
どんなに強がっていても好きな物を嫌いと言われるのは悲しく、そして切ない。
「好き」の対になるのが「嫌い」ではなく「無関心」だとしても。
目に入るバッシングは否が応にも鼓動を速める。心臓の位置を知らせるように。

音楽が好きな若者なら…それは楽器をやっていれば尚更。
誰しもが一度は「誰からも好かれるアーティスト」になりたいと夢を見る。

「華やかな未来しかない」と思うのは子供にありがちな万能感の所為で。
小学校では誉められる事も多かった。思い上がるのは致し方ない環境の提供。
中学校、高校と駒を進める度に壁にぶつかる…廻るのを自ら辞めてしまう独楽の様に。
立ち止まり、天を仰ぐ事も増えていく中で初めて思い知る「井の中の蛙 大海を知らず」。
それでもちっぽけなプライドと小さな成功体験が今後の人生において大きな足枷となっていくとも知らずに。

クリープハイプの歌詞の生々しさは一線を画していて。
才能が無い夢追い人は一線を退くしかなくて。
音楽で食べて「生きたい」、という夢を上手く挫折した自分には
尾崎世界観の「生き様」に自分を重ね、羨望する事しか出来ず。
圧倒的な才能で蹴散らしてきたんだろう、その他大勢を。
 

[左耳知らなかった穴 覗いたら昔の女が居た アタシは急いで ピアスを刺す]【左耳】
何でも知ってる気になっていた彼氏の知らない過去にふと不安になる。
穴の中にいる昔の女にピアスを刺すという描写。

胃もたれした、好きな物を食べ過ぎた時のように。

尾崎世界観の書く歌詞が、その「世界観」が好きだ。
なんて言ったら尾崎は自分の名前すらも変えて厭がるだろうけど。

順風満帆な、唯の天才には興味が無い。
其れを好きな人はごまんといるから。
試行錯誤を繰り返し、思考を振り返り、曖昧な評価に疑問を持つ。
「万人からは好かれない声」を最大の武器として。
音楽を「分かってる」奴だけついてくれば良いんだよ。
「信者」とか「メンヘラ」とか言いたい奴には言わせておけばいい。
 

こんな日が来るとも知らずに。
 

尾崎世界観が『めざましテレビ』に出演していた。
「これを機に新しい自分に生まれ変わりたいです!」と意気込みを語っている
尾崎世界観を見た時に自分の中で何かが崩れる音が…
 

しなかった、驚くほど冷静に。
見ていた。好意的に、懇意的に。
 

[凄く大好きだったのにあのバンドのメジャーデビューシングルが
オリコン初登場7位その瞬間にあのバンドは終わった]【社会の窓】

今迄に幾度となく輪廻してきた感情。
その度に新しいバンドを探して転生する。
そのバンドが人気になれば…
また次の、そしてまた次へと「バトンを渡すバンド」を探す賽の河原。
嫌いじゃない、石を積むこと。例え鬼に崩されようとも。
 

石を積むのを辞めたのは丸くなり過ぎたから。石も自分もクリープハイプも。
丸くなるのは大人になる事。ただし「イコール」ではなく、「ニアリーイコール」だと主張する。

子供の時に嫌いな大人になっていても構わない。
尾崎世界観ですら変わろうとしているのだから。
 

昔の自分に言っても信じないだろう。
自分の事くらいは自分が一番知っている。
 

「尾崎世界観、『めざましテレビ』でめざましじゃんけんしてるぞ」

そしてそれが嫌いじゃない自分がいる事。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい