2111 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Blue Jasmine

私にとっての『米津玄師』という存在

 
彼については、たくさん、書かれている方が多いと思ったが、改めて、彼との出会いを書き残したいと思った。

最新のロッキングオンジャパンのインタビューで、パパラッチのような人達が彼を追っている事を知った。そのような雑音を初めて知って、彼の事を思うと胸が痛い。
 

今まで、いろいろなアーティストを聴いてきたが、彼の才能は突出していると思う。

ロッキングオンジャパンをよく見ていた私は、よく見かける、『米津玄師』という名前に、よねづげんし?お坊さんみたいな名前だなぁと単純に思っていた。
そして、YouTubeでその名前を検索して、最初に聴いたのが、“ポッピンアパシー”だった。
え、若いんだと思い、次に、“Flowerwall”を聴いた。

涙が出た。

白いシャツで歌う彼が、神々しかった。
“サンタマリア”、“アイネクライネ”と聴いて行くうちに、涙が止まらず、見付けてしまった…と思った。
彼の名前を検索し、よねづけんしだという事、ハチ名義で、ボカロPとしても、たくさんの曲を発表している事を知った。
そして、MVやCDジャケットのイラストも手掛けていて、なんて多彩な人なんだろうと思った。また、そのイラストが繊細だった。

ちょうど『YANKEE』が、発表されていて、彼がリリースしているCDを全て集め、聴いた。
彼が歌い、動く姿を間近で見たい思いが募ったが、北海道の地方都市に住んでいるので、LIVEには、行けなかった。

突然始まる、ツイキャスも聞き逃すまいと通知をオンにして、聴いていた。
初めて聴く彼のギターを爪弾きながら話す、話し声の低さに、驚き、ビールを飲みながら、急に歌い始めるとイヤホンから漏れそうな高らかなのびのある歌声に感動していた。

ロッキングオンジャパンの数ページに及ぶインタビューで、彼の事をたくさん知った。
他の音楽雑誌も彼の名前を見付けると読んでいた。

待ちに待った“Bremen”が発表された時、
ラストの“Blue Jasmine”の歌詞が彼に、自分の心を見透かされているのではないかと錯覚した。

『沢山の道を選べるほど 上手には生きられなかったけど』

『誰とでも仲良く出来るほど まともには心開けなくて』

私のその通りの人生だったし、人との付き合い方だった。
全体的には、とても、ラブラブでハッピーな歌詞なのだが、この二つの歌詞が、彼の本心のようにも思えた。
私の中では、彼の曲の中で、1、2を争う名曲だと思っている。
でも私は、ジャスミンティーは、苦手だったりする。差し出されたら、泣き出しそうな顔をするかもしれない。
 

『Lemon』という曲を発表する事がアナウンスされ、『パプリカ』を発表した後で、今度はレモン?どんな曲になるんだろうと思いを馳せ、アンナチュラルというドラマで初めて流れる事を知り、聴いた。
今までの、彼の曲の中では、聴いた事がない、哀愁の漂う曲調と歌詞に、また涙が止まらなかった。
ドラマの回を重ねるごとに、徐々に曲の全体像が聴こえてきた。
そして配信リリース。
CDには、今まで、映像化されなかった、LIVEの模様が少し観る事が出来るDVDも収録された。

1年以上経った今も、YouTubeで4億回近く再生され、iTunesなどで上位にいるこの曲を生み出した彼と出会えた事が私の光だと思う。

多くの『Lemon』以前から、彼の曲を聴いていた人達が思っているのではないかと思っているが、私は、これからも遠くへ行く、「米津玄師」を静かに見守っていきたい。

そしてまた、スーパー・ノヴァや丸の内サディスティックを高らかに歌い上げる彼にも逢いたい。い上げる彼にも逢いたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい