2250 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

4月8日から6月1日までのこと

ヒトリエと続けていく私の毎日

2019年4月8日。
私はその月末に出産予定日を控えたお腹の息子の検診のため、病院のベッドにいた。
突然のライブ中止を発表したヒトリエの詳報を待ちながら過ごした2日間。出産後最初のライブハウス復帰のつもりで6月1日の新木場コーストのチケットを取っていた私はどこか呑気で、メンバーの誰かが怪我でもしたかな、くらいの気持ちでいたから、公式ラインからきた「お知らせ」のURLをなんの覚悟もなく開いた。

「ヒトリエのボーカル・ギターのwowakaは、4月5日に急性心不全のため、永眠致しました。」

まず声が出たと思う。え。
自分でもわかるくらい鼓動がドカンと音を立てた。文字の上を目が滑った。
ほぼ同時に胎児の心音を拾っていた機械が音を立て、助産師さんがやってきて慌ただしくなにか作業し始めたが、私はただドキドキしていて、twitterに「うそでしょ」とだけ書き込むことしかできなかった。

私はそのまま入院した。
母体からの血流が何らかの理由で一瞬滞り胎児の心拍が不安定になったので念のため、と言われた。もちろん心配で心配でならなかったが、自身では「あれだけ驚けばそりゃそうだろうね、苦しい思いをしたかな、ごめんね」とも思っていた。そのあとも私のスマホには続々と「wowaka逝去、享年31歳」のニュースが届いたが、その文字面に殴られるような気がしながらも、お腹の子のためにも努めて落ち着いていようと決めたのだった。

そのせいで、とにかく「うそでしょ」と、6/1まで心のどこかでずっと感じ続けることになる。

その3日後、私は男の子を出産した。
圧倒的な生を目の前にして、ますます私はwowakaさんの死から遠ざかった。
子どもが寝ている隙にヒトリエの曲をイヤホンで聴き、昼も夜もない新生児の世話に追われながら、ぼんやりと今まで観てきた数々のライブを反芻したりして2ヶ月を過ごしたのだ。

6月1日。本当ならワクワク緊張しながら新木場に向かうはずだったのに、それはwowakaさんの死を目の当たりにしに行く緊張に変わった。
行くのをやめようかとも思った。そうすればいつまでもwowakaさんが死んだことが嘘だと思っていられるのかもしれない。いつかヒトリエのライブにまた行けると思っていられるのかもしれない。
だって私はまだ、「wowaka逝去」の文字にポカンとしていたのだから。

wowakaさんの歌うライブ映像で追悼会がスタートしたとき、真っ白なスポットライトの下で笑うwowakaさんが、直前に献花台で見た遺影の笑顔と重なった。

ここに、このステージに誰より立ちたかったのはwowakaさんのはずなのに、なんでいないの?
なんで「よろしくどうぞ」と言ってライブを始めてくれないの?

でも、その直後、シノダがwowakaさんのギターを掲げて出てきて、センターにそのギターを置いて、イガラシさんとゆーまおが出てきて、始まったのはヒトリエのライブだった。「なんでwowakaさんいないの」とはその日何度も思ったけど、同時に、wowakaさんが歌わなくても、彼がもうこの世にいなくても、こんなにヒトリエの音楽はかっこいいと身体で思い知らされたのだった。音の渦に飲まれながら、私はとにかくメンバーが準備してくれた今日のヒトリエのライブを楽しめると思った。一瞬も見逃したくないのに飛び跳ねる身体を抑えられない、そんなヒトリエのライブ。みんなの高揚が渦を巻きヒトリエの音とぶつかる、またこの瞬間を味わえて嬉しかった。

ライブの途中から、「この場に出てこないんだから、ほんとにwowakaさんってもういないんだ」とぼんやり思った。
それが私の、彼の死の実感だった。

でも代わりに、彼の作った音楽が真に生きていると分かった。wowakaさんの作った音楽は、いつまでも私たちを踊らせる、その力があると思った。

人生のその時々で濃度は変われど、一生私を励ましていく。

ヒトリエ解散しないって言ってくれて本当にありがとう。絶対またみんなで踊りましょう。またライブに行きたいです。もう一回、もう一回って何度も思う。
息子にいつかこの話をしながら、ライブに一緒に行きたいなあと思っているのです。

wowakaさん、
ご冥福を祈りますなんて言わないけど、安心して、そっちでギター弾いたり歌ったりしててください。
安心して、あなたの音楽が愛され続けるのを見ていてください。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい