2002 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

あのリズムが忘れられない

[ALEXANDROS]に奪われた心で生きていく

 
 
ズン タン ズ ズ タ ズッズ タン ズズ タン
 

ライブ終盤、熱くなった会場にシンプルなドラムのリズムが響き渡る。
お祭りの始まりだ。
会場の熱気はピークを迎える。

庄村聡泰(Dr)の刻むリズムに、印象的なフレーズを川上洋平(Vo・G)が伸びやかに歌い上げる。
白井眞輝(G)はギターを歌うように奏で、磯部寛之(B・Cho)は観客にもっと歌えと言うようにマイクを観客に向ける。

「Dracula La」だ。

[ALEXANDROS]は観客を巻き込む楽曲を数多く持っているが、この「Dracula La」は別格だ。

私と[ALEXANDROS]の出会いは「Dracula La」だった。
中毒性のあるメロディーに心を奪われた。[ALEXANDROS]の虜になった。
当時は中学生でCDは簡単に手に入らず、YouTubeも自由に見ることはできなかったので、ラジオで「Dracula La」が流れた時にはスピーカーに張り付いて聴いたものだ。
それでも、どうしても聴きたいときは、隠れて布団の中でYouTubeでMVを見た。禁止されているものをこっそり聴く、そんなワクワクもあった。

しかし、それから[ALEXANDROS]の曲を深く知っていくうちに、「Dracula La」との衝撃的な出会いは薄れていき、「[ALEXANDROS]の楽曲の一つ」になっていた。

そんな中、2016年6月26日に大阪・大阪城ホールにて開催された「Premium V.I.P. Party」に参戦した。
初めて訪れたライブは目の前の光景が現実のものとは信じられず、ただ唖然と眺めていた。楽しむ余裕もなかった。
ライブの本編も終了し、アンコールも終わりに差し掛かった頃だ。
会場にあのリズムが響き渡る。
 

ズン タン ズ ズ タ ズッズ タン ズズ タン
 

この文字にはのせられないような高揚感が押し寄せてきた。
そこから明確な記憶はないが、「楽しかった」ということだけは覚えている。

偶然か必然かライブの楽しさを教えてくれたのも「Dracula La」だった。

それからというもの、学生であった私はライブにはなかなか行けなかったので、[ALEXANDROS]の映像作品が出るたびに買って、家で彼らのライブを楽しんだ。
「Dracula La」のライブ映像を見るたびに、あのドラムのリズムが刻まれたときの高揚感が押し寄せる。
 

2019年3月19(火)大阪・大阪城ホールにて開催された、「Sleepless in Japan Tour」の大阪公演に参戦した。
洗練された最新アルバムの楽曲が次々と演奏されその音楽に酔いしれた。
そして、又してもアンコールであのリズムが会場に響き渡る。
どの楽曲よりも輝いて見えた。
そこには布団の中で隠れて聴いていた曲が大きな会場に響き渡っていた。
 

2019年6月19日、公式ホームページで庄村聡泰(Dr)が治療のためにライブ活動を休止することが発表された。

私にはあのドラムのリズムが忘れられない。
しかし、しばらくは庄村聡泰(Dr)の刻むあのリズムが聴けない。
その事実が受け入れ難かった。寂しかった。しかし、一番辛いのは本人のはずだ。

それから一日経った今はこういう気持ちでいる。

[ALEXANDROS]はいつだって、逆境から這い上がってやる と歌ってきた。
そして体現してきた。
今回の件でもその信念を体現しようとしてくれているのではないか。
彼らはきっと今、Hello New Wall と着実に前に進んでいるに違いない。

彼らが逆境を乗り越える姿を体現してくれるのであれば、私もぼーっとしていられない。
目の前のことに負けるわけにはいかない。

再びあのリズムが聞けるその日まで、負けるわけにはいかない。

そして、もう一度

あなたたちに心を奪われたい。
あなたのリズムに心を奪われたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい