2624 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

彼の生きた証を追い続ける

拝啓wowakaさん ヒトリエを知らなかった私より

2019年4月8日月曜日。その日は確か新学期の始まりで、新たな門出には相応しい晴天だったと思う。けど私はこの日を恨むしかない。この日のお昼頃、ヒトリエのwowakaさんが逝去されたという情報が私のTLに流れこんだ。え?まさかwowakaさんってあの?という戸惑い。何が門出だ、こんな門出があってたまるか!そんな心境だった。
 私自身ボカロ界隈が大好きな人間で、彼のことはボカロPとして知っていた。ワールズエンド・ダンスホールや裏表ラバーズが大好きで、彼の音楽を聴いた時凄く元気づけられて当時中学生の死にかけだった私の心に光を射してくれた人だった。しかし、ヒトリエとしての活動は一切知らずこの日まで過ごしてきた。彼に関してはにわかであることは間違いないだろう。きっと、こんな私がヒトリエの事を書くことに対して腹立たしい方もいるかもしれない。その部分はどう足掻いても変えられない。許して欲しいとは言わないが、そんな私が書く文であることを理解して欲しい。
 訃報を知ったその日は、ずっと彼が作ってきたボカロ曲を聴いては 彼はまだ生きている という面影を探していた。その翌日、初めてヒトリエの音楽を聴いた。驚愕だった。なんで彼が亡くなった後に知ってしまったのだろう、そんな後悔をせざるを得なかった。それくらい素晴らしいもので、けれども彼の音楽の根本はボカロP時代と変わらなくて、むしろ技術が身に付いてもっと多くの人に届くようなモノになっていて……
 気付いたら全曲周回していた。青では後半から涙が止まらなかった。リトルクライベイビーは背中を押される曲だった。特にこの曲に惚れ込んでしまった。
『ひとりきりでも続く生 夢の終わりを告げる声
誰も居ない道を行け 誰も止められやしないよ

また一歩足を踏み出して あなたはとても強いから
誰も居ない道を行ける 誰も居ない道を行ける
               ポラリス___ヒトリエ』
私は今このバンドを知ったとしても何が出来るだろうか、そんなことを頭の中でずっと考えてた。今までのアルバムを全部買うという結論に達した。もう少しで買えそうだ。楽しみである。
 4月20日、ニコ生で企画されたMV一挙放送を見ていた。YouTubeには投稿されていない曲もあったが、彼の音楽にどっぷり溺れる事ができ、さらに魅力を感じれた約2時間30分だった。
 6月1日、追悼会。最初はひっそりとしみじみとした暗い雰囲気で行われるものだと思っていた。けれどそれはちがった。あんなに胸が熱く、心が突き動かされる追悼会が今まであったのだろうか!それくらい驚きを隠せなかった追悼会だった。反面、ニコ生の画面を見た時、彼の穴を完全に埋めることはできないという現実も知った。3人の演奏はほんとに素晴らしかった。コメントやTwitterでメンバーの皆さんが2ヶ月という短い期間の間で、ここまでのクオリティのあるパフォーマンスをしたことに対して、奇跡だ!とか憑依してる!とかあったが、私は3人による努力とwowakaさんに対する感謝の結晶にしか見えなかった。
 これからのヒトリエはどうなるのだろうか。 解散はしない とは言っていたが着いてきてくれる方は減るのではないだろうか。そう思っていたがそれも一瞬にして無用な心配となった。理由は、会場にいた方の大きな歓声が響いたからだ。私はこの一言がファンの皆さんにとってどれだけ嬉しいことなのかはあまり分からない(にわかである)ので、嬉しい!とかの気持ちを抱える資格はないと思っている。けれども、もしまたヒトリエが活動されるのなら、影からひっそりと見守る形で応援したいと思う。また、彼の音楽家としての死を迎えないために彼の音楽を聞き続けたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい