2002 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ハイウェイ / くるり

僕は何かに酔っ払ってないと、生きていけない

いま、僕は浪人をしている。一年目は自宅で浪人して、また第一志望には不合格。今は二年目で、予備校へ通っている。

いまも、帰りの電車に揺られている。

ここで、本当のことを言えば、僕は音楽がやりたい。

去年、勉強の合間に、いくつか曲を書いた。でも、書いた曲は全部、すべて、ことごとく、次の日には味気のないものになっていた。

まして、世に出せるようなものではなかった。

実際、突発的な才能はないとわかった。自分が音楽で食べていくには、それ相応の訓練と、自分の中に秘めたまま、引き出せずにいる魅力を取り出すための時間が必要なのだとわかった。

そんなわけで、結局いまは、音楽を後回しにして、現実を少しでもよくするために、目標の大学の入学を目指している。
 

.
.
.
 

何か好きなことで生きていきたい、だけど、そんな簡単な世界でもない。だから、なるべく早くお金をもらえそうな何かに時間を投資する。
 

.
.
.
 

だけど、同時に、この建設的な現実から、抜け出したいと思う瞬間が、たまにやってくる。
 

“僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって”

“ひとつめはここじゃどうも息も詰まりそうになった”

“ふたつめは今宵の月が僕を誘っていること”

“みっつめは車の免許とってもいいかな なんて思っていること”

岸田さんの紡ぐ歌詞は、本当に余白だらけだ。
この時点で97個くらいを言いそびれている。

でも、ぼくにもきっと100個はあるし、中には息が詰まりそうなのもある
 

遠くへ離れた好きな人に手紙を出したいとか

また、歌詞を書いてみたいとか

家出、してみたいとか
 

このただひたすらに続く現実の中だからこそ思う、違う世界への好奇心、憧れ。

僕は、そんなハイウェイへ飛び出したいのだ

そして

“何かでっかい事してやろう”

それは僕にとって、音楽なのだと思う
 
 
 

( “〜”は、ハイウェイ/くるり 歌詞より引用)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい