2002 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ちょうどいい温度感であれ

UNISON SQUARE GARDENと私

UNISON SQUARE GARDEN。
私の特別なバンドだ。

私にとって好きになることは簡単なことで、初めて聴いた彼らのアルバムの最後の曲が心にへばりついて離れず、そしてその衝撃が今までの音楽に対する思いを覆した、理由はこれだけで十分すぎるものだった。
しかし、彼らと出会って3年程が経ったある時、ライブを心から楽しめなくなってしまっていたのだ。
根本的な原因は分かっていた。彼らに熱を注ぎすぎたあまり、敏感になりすぎていた自分がいた。
私は少しだけ休むことにした。雑誌を買ったりメディア情報を自分のペースで受け入れた。
趣味に使命感を感じ始めてしまったらそれは趣味として成り立たなくなる。そう思った。
だがしかし とても 辛かった。あれだけ大好きで全てを費やしてでも幸せだったのに、こうなってしまった自分の気持ちが裏切りのようにも思えてしまって。
そんな時でも聴きたくなるのはやはり彼らの音楽だった。
ふと耳に残ったのは彼らのシングルに収録されている「さわれない歌」の歌詞だ。
「ちょうどいい温度感であれ」
その一言は 私が抱える全ての葛藤を綺麗に消し飛ばしてくれた。
この歌詞を知らなかった訳ではないのに、この時はなぜかとても強く胸に響いた。
私が彼らの音楽を嫌いになることは絶対にない。断言出来る。
それは彼らがいつでも最高の音楽をぶつけてきてくれることを知っているから。
だから、少しくらい離れたって何も不安がることはない。
それが私の「ちょうどいい温度感」なのかもしれない。
「好き」の度量は決してはかることができないし、比べることもできないもの。
彼らが「好き」ならもうそれでいい、不安がらなくても彼らはいつもやってくれる。
次のライブ、新曲が 心より楽しみだ。
ロックバンドはどんなときも最高に楽しい。

文中
ちょうどいい温度感であれ/
さわれない歌・UNISON SQUARE GARDEN より

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい