2002 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

会いたい自分に会いに行く

SUPER BEAVER「予感」

昨年の秋、7年近く勤めた会社を退職する事を決めた。
私の業務成果に対する会社の評価に、どうしても納得がいかなかったからだ。

次の仕事は決まっていない。特に当てもない。
30代の社会人として、許される仕事の辞め方でない事は重々承知していた。
それでも、これ以上この会社にいたら精神衛生が保てないと思い、退職を選んだ。

手前味噌だが、私は名の知れた企業に勤め、扱う金額も大きい仕事をしていた。
企業のネームバリューと自身のキャリアならば、次の仕事は簡単に見つかると思っていた。

だが、現実は甘くなかった。
就職活動を始めたものの、書類が通らず面接にすら辿り着けない日々が続いた。

自分の経験が外の世界で通用しない事を知り、愕然とした。
まさしく私は井の中の蛙。
狭い世界=前職で身に付けたのは間違った自信だった。

そして、無職ゆえ10連休の恩恵を全く感じない平成最後で令和最初のGWを迎える。
とある音楽フェスに行き、初めてライブを観たSUPER BEAVERに心を鷲掴みされた。

「予感」という曲だ。
——-(歌詞抜粋)——————
予感のする方へ 心が夢中になる方へ
正解なんて あって無いようなものさ 人生は自由
今 予感のする方へ 会いたい自分のいる方へ
他人の目なんて あって無いようなものさ 感性は自由
——————————————–

私は何を求めているのだろうか。
周りから一目置かれる会社名と仕事内容…?
それは一体誰に対する見栄とプライドなのか?
元上司?元同僚?
もう2度と会わないかもしれない人達に対して、何の見栄を張る必要があるのか?

ふと思い返せば、前職ではプレッシャーや忙しさから、イライラする事も多かった。
自分に余裕がないがゆえ、同僚に冷たい態度を取ってしまい、後で自己嫌悪に陥る事も少なくなかった。

今後もイライラカリカリしながら働き続けたいのか?
そんな自分は、“会いたい自分”なのか?
答えはノーだ。

GW明けからは仕事探しの考え方を改めた。
周りから一目置かれるような肩書きも素敵だけど、もっと大事なのは「自分が何をしたいか」だ。

そして1ヶ月後、希望企業から内定をもらう事が出来た。
悶々と就活していた半年間が嘘のように、あっけないほどスムーズだった。

結局私は、自身の価値観よりも周りの目を気にして、無理をしていたのだ。
これからは無理をしない。
大事なのは周りの目じゃない。
会いたい自分に会いに行く事を大切にしよう。
もうすぐ新しい仕事が始まる。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい