2250 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Nothing’s Carved In Stoneの今

ナシスのすべて

2019/6/22 日比谷野音。

NCIS 3回目の野音。明るい時間から、1曲目のBeginning 最初から爆発力の演奏。音。
 

私は初めて ナシスをみたのが 大舞台の去年の武道館。フェスなどでは何度か見ていたが、あまり興味がなかった。曲もはまらなかった。

なぜ、今になってこんなにナシスの魅力にとりつかれたのか。

きっと武道館でのパワー。初めて見た凄まじい演奏力。一度聴いたら忘れない、リズム。そのすべてが 爆発してしまった武道館。

彼らはどうしてこんなに演奏力、歌唱力があるんだろう。自分なりに考えた。

ボーカル 村松拓。
ギター 生形が魅了された歌声。アブストもライブを見たが、独特の歌声。透き通っているのに、ゴツゴツとしたリズムに合っている。
ナシスの雰囲気にピッタリである。透明なダーク色の声。

ギター生形真一。
ELLEGARDEN休止後、ナシスを始めた彼。エルレ時代とは、まったく違うギターテク。アルペジオはみんなが凄い!!と圧倒される。
何パターンもの音を使い分ける、ギターに魔法がかかっているかのようだ。

ベース 日向秀和。
ひなっちも、現在ストレイテナーのベースだが、ナシスの時には、音を切り裂き、リズムも細かく繊細で、誰にも譲れない音が響く。

ドラム 大喜多嵩規
オニィのドラムも あの細い体から切り裂くビート。聞き入ってしまうサウンド。パワーが凄い。

この4人のバンドだから、怖いものがないんだろうと思ってしまう音楽。

いつも不安定なバンド。纏まっているのかわからない、個性が強すぎるのだろうか?

でもこの4つの音が1つに合わさったときの破壊力な音楽は絶対ライブでないとできない。

アルバムを聴いても、あまり伝わらないモンスターバンドなのだと思った。

何より野音での、演奏がすべてを物語っている。DVDで見るのが楽しみだし、
今後、秋から始まる対バンツアーも楽しみで、次のアルバムが、どうゆう音楽を生み出して、今後のライブで爆音を響かせるのか、楽しみである。

必ず、1度見ると病みつきになるバンドに間違いない。野音、ライブハウス、夏フェス、色んなナシスを見て、また違った彼らの色を発見したい。

彼らにとっては、キャパ300人のライブハウスでも、3万人のフェスでも、同じ音で魅了してくれる。それが一番のナシスの色。

その色を変えていくのは、ファンだと思う。ずっと支えて見届けたいバンドNCIS。次の色はなにいろ?

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい