2359 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

あなたはぼくらの運命の人

BUMP OF CHICKENに寄せて

BUMP OF CHICKENが好きだ。
BUMPファンは尋常じゃなく熱狂的な人が多いので、あまり声高に主張するのは憚られるけれど、小学生の頃からずっと、一番好きなバンドだ。

2018年末、COUNTDOWN JAPANにもBUMPを見に行った。来場者の7割くらいがBUMPグッズを身に着けているという、これはフェスではなくワンマンライブなのでは? という異様な状況で、一番でかいステージの前で数万人がみっしみしに密集して生BUMP、藤君の生歌を聴いた。聴きながら、なぜBUMPの曲がこんなにも刺さるのかわかったような気がしたので、書く。

以前、BUMPの曲をあまり知らない知り合いから、「BUMPは綺麗ごとを歌っているイメージがある」と言われたことがある。
BUMPって意外と、ぱっと見でわかるような癖というか、わかりやすい特徴がないので、傍目に見てそういうイメージを持つ理由はわからないでもない。でも実際には、彼らの曲はその真逆だ。ほぼすべての作詞作曲をしているボーカルの藤原基央ほど、綺麗ごとを徹底的に排した歌詞を書く人間はいないと思う。

そもそも、BUMPの歌は圧倒的に「再会できない」「そばにいない」「君は一人じゃなくない」「特別じゃない」。
たとえば、『天体観測』も、『スノースマイル』も『Ever lasthing lie』も「君と僕」の恋愛感情的なものが歌われるけれど、最後はどれも「僕」は一人きりで、「君」との奇跡の再会はない。『天体観測』は“二分後に君が来なくとも”だし『スノースマイル』は“君の居ない道を”だ。『Everlasthing lie』の二人に至っては、再会できないまま片方が死んでしまう(!)。

世の中では、数えきれないほどの楽曲が散々「僕がそばにいるよ」「君を守るよ」と歌っているのに、藤原基央は絶対にそうは書かない。書けない。
なぜかというと、現実に「僕=藤原基央」が「君=私たち」のそばについていたり、助けに行ったりすることはできないからだ。

「そばにいる」と歌うことは簡単だ。そんな歌に救われることもあるだろう。でも、その歌は、誰も味方がいない、自分は独りきりだと感じる誰かの手元で必ず嘘になる。

もう何年も前だけれど、ラジオで藤くんは「俺は頑張るって言葉が嫌い」と言っていた。それは、表面的な励ましの言葉が、極限の状況にいる人間をかえって傷つけ、追い詰めてしまうことを知っているからなのだと思う。
だから彼は決して「そばにいる」と歌わない。

BUMPの楽曲を聴くたびに私は、彼の曲はすべて「僕は君を救えない」というところからスタートしているのではないかと思う。
その中でも、まじで究極だなと思うのはこれだ。

“僕らは皆解ってた 自分のために歌われた唄など無い”(『才悩人応援歌』)

すごくないですか、これ。
これだけ圧倒的な人気のなかで、これを歌ってしまえる藤原基央のすごさ。
この歌詞を初めて聴いた時はショックだった。でもそれと同時に、藤くんのすさまじいまでの、音楽とリスナーに対する真摯さを感じた。

だって、私のために歌われた歌なんかないことは、圧倒的に事実だ。アーティストが熱烈に「愛してる」「そばにいる」「君を守る」と何百回歌ったって、「君」は「私」じゃない。CDに何万枚か焼かれ、何万回かダウンロードされ、YouTubeで何万回再生される、大量消費される商品だ。

それはもちろん仕方のないことだ。藤原基央も草野マサムネも桜井和寿も越智志帆もユーミンも、どんだけいい曲を書いたって私の為だけに歌ってはくれない。
でもこの世にはたった一人だけ、私のためだけに歌える人がいる。
『才悩人応援歌』はこう続く。

“僕が歌う 僕のための ラララ 君が歌う 君のための ラララ”

誰にだって絶対にいる特別な一人。
それは「自分」だ。
私には私がいる。私のために歌える。藤原基央も草野マサムネも桜井和寿も越智志帆もユーミンにもできないことができる。
これが(たぶん)「僕は君を救えない」から始まった藤くんが編み出した「君」を救う歌だ。

すごいのは、この考え方がBUMPの初期から現在まで貫かれていることだ。
これを書いていて、改めてBUMPの歌詞をあれこれ見ていたのだけど、切り取り方や角度は少しずつ変わっても、全ての曲の根底にこの考え方があるのを感じた。

BUMPの曲は時に残酷なまでに現実だけれど、だからこそどんな立場にいる人のことも取りこぼさないし、同じスタンスを維持し続けているから、あらゆる世代に届く。
一度“BUMP OF CHICKEN”というとげが刺さったら、もう一生抜けない。
そうして雪だるま式にファンは増え続け、物販は異様な規模になり、ツイッターのトレンド入りし、CDJの裏ステージを空っぽにしてしまう。

ああ、BUMPが好きだ。藤原基央が好きだ。
好きになってよかった。

BUMPにとって私は無数にいるリスナーの一人でしかないと知っている。
それでも敢えて言いたい。

あなたたちは、私たちみんなの運命の人だ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい