2359 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

LACCO TOWERの言葉

小説家でも詩人でもない

私がLLACCO TOWERを知ったのは、確かどこかのお店のフリーペーパーか何かだった。
「LACCO TOWERだって」と言ったのを覚えています。
まずYouTubeで苺のPVを拝見した時、そして聴き終えた時、他のバンドにはない、探していたのはこれだ!とでも言えそうな新鮮な衝撃があった。
私は自他共に認める歌詞重視の人間だ。
バンドの人間性がどうのも大切だけれど、大事なのは楽曲の歌詞に尽きると思っている。

曲を聴いてる最中に、浮かんでくる風景やほろ苦い淡い思い出やなんやかんやが、LACCO TOWERの楽曲を聴いていると、くっきりはっきり、勘弁してほしいくらいに目に浮かんでくるのだ。正直困る時さえあった。

「小説家でも詩人でもない
伝える術を持たないからと
彼女が髪を分ける仕草を
ただ隣で見ています」

圧巻の一言だ。

これを産んだ松川ケイスケさんの頭の中を見てみたい。
一体これまでにどんな経験をして、どれだけの本を読んでどれだけの感性を持って生きてきたのだろう?
そこからまさに、わたしはLACCO TOWERの虜になり
YouTubeを漁り、入手可能なCDを全て集め、ライブにも行き、レコ発にもいき、ついにサイン会握手会で
憧れの人、松川ケイスケさんと言葉を交わした。

信じられない瞬間だった。
まだ覚えている。
「なんか同じような服着てるね」
って、なんか普通の友達みたいに話しかけてくれた。
トークも延長するほど盛り上がった。
ギタリストの大介さんは、旦那さんがとてもファンなので、しっかりそのことを伝えてきた。

今年のアイロックスに行けなかったのは
わたしが倒れて入院したからだ。
あの悔しい思いを、私はきっと一生引きずっていくだろう。
けれども、それでも、きっとLACCO TOWERの5人はそういう人たちのことも、見捨てないでいてくれると
信じている。
連れて行ってくれると、心から信じている。

私は、LACCO TOWERを、見つけられて本当に幸運で幸せだと思っている。
楽曲を、聴いた時のあの気持ちにちょうどいい言葉が見つからなくて、とっても歯痒い。

これからも、変幻自在な彼らを追って生きていきたいと思っています。

お願いします。私を、私たちを、いつか武道館へ
連れて行ってください。

LACCOTOWERならそれが出来ると確信しています。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい