2139 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

雨の野音で会いましょう

野生のエレファントカシマシ

野音のチケットがあたった かなりいい席だった
しかし、7月7日は雨予報だ。

さらに先週から体が重く体調がよくない。
自分の仕事はたて込んでいて、このライブが終わればすぐさま現実に戻って、
仕事しなければならないため、体調崩して休むわけにはいかない。

色んな懸念はあったが、自他ともに認める晴女だし、
備えあれば憂いなし!とばかりに雨具等は準備万端にしたし、
私なりのルーティーンもセオリーも整えたから
事なきを得て今まで通り雨も止むのではないかと、心のどこかで慢心していた。

当日、東京に向かう新幹線の車窓から見る景色も薄曇りであった。
富士山は案の定雲隠れして見えない。ぱっとしないぜ。

東京に着いても、日比谷野音に到着してからも、すっと雨が降っていた。

席はステージに近い良席で、テンションはあがってきたが、
あと一つ「雨やんでくれないか」
そればかりに気を取られていた。
晴女だったはずの自分の変な自信が崩れて、ルーティーンとセオリーが通用しないことに焦っていた。

そんな雨の中、定刻通りにエレカシが登場した。

30回目の日比谷野音に立つエレカシ宮本氏の声が歌が、雨の合間を切り開くように
響き渡った。
野音で30年、天候があやふやな夏のフェス等、野外での経験を積んでいるエレカシのステージは、自分の動揺とは裏腹に、堂々としていた。

雨風の中、淡々と怒涛のように宮本さんの歌が地鳴りのように響いてくる。
水が滴るステージを右往左往しながら、ギターをかき鳴らしながら、時に転び、
床に這いつくばり立ち上がり、雨風を突破するように何度も拳を振りかざして
歌っている。

ギターもドラムもバイオリンも、ステージにいる者すべてが一丸となって
雨風に立ち向かうように、音をかき鳴らしていた。

こちとら昨日今日のエレカシ野音じゃねぇ!

今までエレカシがアウェーな現場で戦ってきた経験が怒涛のように渦巻いて、
日比谷のビルの谷間の木々と観客達は、いつの間にかエレカシの暴風に揺れていた。

私はなすすべもなく野ざらしの雨に打たれ、化粧もとれた。
誇示していた晴れ女もルーティンも全て雨に流された。
無防備になった私の体に全身全霊のエレカシが降りかかってきた。

身一つのむき出しの命が、ぶるぶると震える。
嵐の中で、一つだけ、道標のように鼓動が共鳴する。

エレカシの歌に反応する鼓動で、生きていることが、あらわにわかる。

「さぁ、頑張ろうぜ~!!」
宮本氏が拳を空に掲げて歌うシンプルなフレーズが、身ぐるみ剥がされた心に届いて
私も空に拳を振り上げていた。

さぁ「今を歌え」叫べ自分! 今はそれしかできないし!

日比谷野音、「風と共に」雨と共に「今を歌え」踊れ自分!

拳をあげて、歌に、雨に、一緒に踊ろう!

「かけだす男」のように、私も雨の日比谷を駆け巡っている!

「生きていこうぜ~!」
宮本氏が曲の合間合間で声掛けする。
こんな雨の日に、東京で、この年で、素直に、生きていこう、なんて、シンプルに、思えるなんて!

始まる前は、雨が止んで欲しくて、体が濡れないように、風邪ひかないように、保身的な自分に捉われて楽しめなかったけれど、
私が求めているものだけをストレートに受け入れれば、
根幹が満たされて免疫が強くなることが、雨の野音で強制的にわかった。

雨で体も濡れたけど、身体が生きるための防衛本能として身を温めたのか、
寒くはなかった。

「雨に濡れると、自分や男はハンサムに見える」と宮本氏がつぶやく。

雨にうたれた体が野性を触発し、生き抜くために目の輝きが鋭くなり、
闇夜にぎらぎら輝くエレカシ宮本氏。

もしかして、明日からまた自分の仕事や生活をするにつれて、今日のこの熱情は雲隠れするかもしれない。
でも、きっと本来の自分は、エレカシのあの歌を聞けば、蘇生できること、
できる自分であることを知った。
自分の根幹、懐かしい場所、そこにチャージすれば、私は蘇られるはずだ。

自分の行く末を、運とかツキとか晴女とか曖昧なものに委ねずに、
雨の中、這い上がるように切り開くように
野生のごとく「ドーンと行け」自分!

雨が降っても逆境であっても、「今を歌え」
雨の中でも歌えたし、踊れたし、楽しかったよ。
年をとってもこんなに無邪気に、はしゃげる事が自信になった。

雨の七夕、一期一会、年に一度の日比谷野音で、自分に出会えた。

ありがとう!

来年も日比谷野音で会いたいぜ~!

帰りの新幹線、東京を後にし車窓から移り行く景色を見ながら

「生きていこうぜ~!」

胸に秘めて、また仕事、頑張ります。
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい