2359 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

流れ星の正体がわかってしまった

BUMP OF CHICKENはずっと同じ舞台の上にいる

BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark初日のメットライフドーム
ステージ上の大画面、映し出された藤原基央が見せた、思わず零れる笑みを我慢するような表情を覚えている

BUMP OF CHICKENにとって、リスナーとの逢瀬は喜ばしいことなのだ
 

天体観測からリアルタイムで聴いている古参のファンであることを前提として、感じていたことがある

それは、嫉妬だ
その嫉妬は、BUMP OF CHICKENの“今”に共感する若いリスナーに対してのものだ

7月にリリースされたaurora arcを含め、ここ数年のどの曲も、明らかに若いリスナーである“彼ら”に向いている
向こう側に“彼ら”が見える
BUMP OF CHICKEN4人の世界を覗き見していただけなのに、いつの間にかその世界が“彼ら”にまで広がった

だが、“彼ら”には向いているが、“私”には向いていない
年を重ねて様々な経験をしてきた“私”には、非常に青臭く感じるのだ
古参であるが故の(と私は思っている)身勝手な我が儘であるが、その事実に、嫉妬を超えて、苛立ちすら感じていた

だが、ふと、気づく

私と同じようにBUMP OF CHICKENも年を重ね様々な経験をしてきたはずだ

それなのに、自分達の世界を自分達だけのものにせず、裾野を広げ、けれど、同じ場所で歌い続けている
ある意味で大人になり、ある意味で青臭いまま、BUMP OF CHICKENを歌い続けている

BUMP OF CHICKENは変わっていない
私が変わったのだ

涙が零れるのは
あの時思い描いた私ではないからだ
あの時の私の痛みを思い出すからだ

そして、BUMP OF CHICKENはそんな私に寄り添ってくれる

ああ、そうか

BUMP OF CHICKENは私にも歌ってくれていた
それはこれからも、わたしが変わらない限り、ずっと変わらないのだ
 

お互いに あの頃と違っていても 必ず探し出せる 僕らには関係ない事
飛んでいけ 君の空まで 生まれた全ての力で輝け
“流れ星の正体”
 

そうだ
流れ星の正体は、BUMP OF CHICKENだ

BUMP OF CHICKENが歌い続ける限り、私は私に戻ってくる

どんな小さな輝きでも見つけ出すとここに誓おう

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい