2139 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

CHAIが世界に奏でる21世紀のPUNK

僕が受け取った「NEOかわいい」のメッセージ

2019年6月29日。

新木場Studio CoastでのCHAIのツアーファイナル。
3月にアルバム、PUNKをリリースしてから、
アメリカ、ヨーロッパのツアーを終えてからの今回の日本のツアーということで、海外で磨きを上げてきたステージの最終公演ともいえる。
見る方も期待値を上げないでいる方がむずかしい。

Studio Coastは開場後、ときおりCHAI本人たちのアナウンスで、「写真OK、動画OK、歌うのOK、踊るのOK、帽子OK、なんでもOK、CHAIだよー!」と、いきなり撮影解禁アナウンス。

僕はロッカーにスマートフォンを預けてしまったので、撮影はできず、悔しい思いをした。
でも、「ライブをあなたなりの楽しみ方で楽しんでほしい」というCHAIのメッセージを受け取り、オーディエンスはアナウンスへの和みと、そのライブが早く始まらないかというワクワクで、着々とCHAIを迎える空気が温まっていった。

開演の17時半過ぎ。
自らの顔のお面を被った4人が登場し、センターステージへ。
拍手と笑顔で迎えるオーディエンスを前にダンスをした後、

アルバム「PUNK」収録の1曲目、「CHOOSE GO!」からスタート。

身体全体に響くドラムと心臓に突き刺すようなベースで作られたリズムの上を踊るようなギターと跳ねるようなシンセサイザーが美しい歌声を届ける。

そして、ステージの下は写真を撮る人、動画に記録する人、身体を揺らす人、各々のスタイルでCHAIを楽しむ。

3月にリリースした「PUNK」と2017年にリリースした「PINK」の2枚のアルバムの曲を中心にオーディエンスの心を掴み、「THIS IS CHAI」では一度ステージからはけたメンバーが一曲まるまるダンスをしたり、「ハイハイあかちゃん」では、マナ・カナの2人がセンターステージで歌ったりと、バンドのスタートポジションに固辞せずにオーディエンスを飽きさせないステージが続く。
あっという間の約80分のステージの本編ラストは「フューチャー」で締めくくられた。
 

今年のリリースアルバムのタイトルは「PUNK」

MCのなかで、「PUNK」とは、「破壊」という意味ではなく、「自分のやりたいことをやっていきたい、生きたいような生き方をしていこう」という意味の「PUNK」だという思いを、マナが伝える場面があった。

「破壊」ではなく「創造」の「PUNK」
かつては、既存勢力への「破壊」を目指した「PUNK」が誕生し、世界中にその魂を響かせた。

そして、2010年代の終盤。
CDで音楽を聞くスタイルも、
楽曲やアルバムごとに購入してダウンロードする仕組みも崩壊。
社会を見渡しても、企業は社員を黙って従わせる時代は終わり、
非道な利潤追求は社会からバッシングされ、
従来の終身雇用の慣習も薄れてきている。
この国の中心では、国民に自助努力で2000万円を老後までに貯めておくように促す文書が作られていることも発覚し、黙って従っておけば大丈夫だという権威のメッキは剥がれ始めている。
 

破壊を歌わずとも、権威は崩壊の過程にいる。

そんな時代に、CHAIは「NEOかわいい」という概念を伝える。
「細いけれど、とってもとっても大事な目」
「短いけれど、とってもとっても大事な脚」
「Complex is your charm. コンプレックスこそあなたの魅力だよ」
もちろん、CHAIのライブに行く前から、このコンセプトは知っていた。
 

だが、ライブを見て、このコンセプトは、
「ありのままの魅力を受け入れて終わり」ではないように僕は感じた。
 

「様々な権威が崩壊されつつある今、
あなたのコンプレックスを愛しながら、
あなただけの魅力で、
あなただけの世界を創造することができる」

「NEOかわいい」にはそのようなメッセージもあるのではないか。
 

この時代は権威の顔色を伺うことに尽力するのでなく、
自分の好きな生き方を生きることに尽力することが、
まさしくあなただけの「アート」となり、
ようやくそれが認められる時代になったというポジティブなメッセージを僕は受け取った。
そして、なによりもCHAIがその証明になっている。

「破壊」ではなく「創造」
「なぐさめ」ではなく「希望」
それがCHAIの「PUNK」であり、21世紀の「PUNK」だ。

日本でのツアーが終わったCHAIはまた海の向こうへ飛んだ。
CHAIだけにしか演じることのできないアクトを体現しつづけ、
世界中の人々の心の中の「創造」と「希望」を目覚めさせる音を奏でる

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい