2349 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

UNISON SQUARE GARDENの答え

15周年で見せた証明

雨が止み、蒸し始めた15時半。グッズを身につける、たとえ会話がなくても繋がっている、たくさんの人たち。一緒に来た人と話をする人、1人で音楽を聴いている人、なんらいつもと変わらない光景。ただ1つ違うのは普段は「近くの会場に来て欲しい」と言う彼らがはっきりと「来てくれ」と言った日であること。

自分のブロックの案内が始まる。順路に沿って歩いて行くとメインビジュアルの旗、そしてゲートに迎えられた。ゲートをくぐれば、大型野外フェスに匹敵する大きなステージ、2つのモニター。会場に入れば思い思いに場所を決め、過ごす人たち。これも変わらない。

開演が近づくとFM802のラジオDJたちがUNISON SQUARE GARDENの好きな曲、魅力を語る映像が流れる。映像で「おめでとう」という言葉が出るたびにおめでとうという声と拍手が聞こえる。ここにいる人たち全員がユニゾンが好きで、この日にお祝いに来たのだと思うと本当にいいバンドを好きになったと思った。

映像が終わり登場SE、イズミカワソラさんの「絵の具」が流れる。メンバーが登場する。大きい会場であっても変わらない距離で定位置に着く。いつもは曲の途中で演奏が始まるが、この日は最後まで「絵の具」が流れ、モニターに映った表情を見ると15年共に歩んだSEをしっかり聴いているように見えた。

ギターボーカル斎藤宏介が息を吸い、歌い始めたのは「お人好しカメレオン」だった。この曲から始まったことで、私は改めて今日が特別な日であると思った。

その後の演奏はいつも通りに、いやいつも以上にただかっこいいロックバンドだった。モニターに映し出された表情は、どの瞬間も彼らが自分たちのバンドが好きであるということが感じられた。

ユニゾンらしさが表れていると思ったのは、この日のためと言っても過言ではない曲、「プログラムcontinued(15th style)」がライブ本編ラストでもなく、中盤に他の曲と同じように演奏されたことだ。ただ特別だったのは「今日ぐらいは祝ってくれないかな」と歌われると会場で、おめでとうという歓声や拍手が沸き起こったことだ。普段、ライブで「好きなように楽しんで欲しい」と聴いているファンが「言いたくなってしまった・拍手をしたくなってしまった」という事実に本当に心が動いた。

ドラムソロでは進化を感じた。今回は映像や同期を用いてあり、新しいことに挑戦し続けていること、またそれを楽しんでいることを感じた。

15年の間に製作されてきた、新旧22曲を演奏し終えると、mcがあった。
ギターボーカル斎藤宏介は今回、天候などのリスクを負いながらも開催のために尽力したスタッフに感謝を述べた。またそのスタッフやこの日を楽しみに来たファンに対して、「ファンやスタッフを大切にしていく方法は『自分のために音楽をやる事』だ。」と語った。私はユニゾンの音楽は15年の内の4年しか聞いていないが、どの時期の楽曲を聴いてもそのスタンスは変わっていないように感じる。自分達がかっこいいと思うものをやる、ダサいと思えばやらない。それが蓄積してきたバンドだから、かっこいいに決まってる。

またドラム鈴木貴雄は一緒に音楽を続けてきた2人へ感謝を述べ、そして「今日はすごく楽しくない?」と自信のある表情で問いかけた。
ベース田淵智也の番になるとモニターにアップで映った。そして口を開いて「UNISON SQUARE GARDENっちゅうのはすげえバンドだな!今日はよく来た!またやるぞ!」と言った。それだけで今のバンドに対する自信、今回開催でき、これだけの人数が集まったことに対する喜びを感じた。

その後、バンドとファンの距離感を表したような「さわれない歌」が演奏され、最後にはメジャーデビューシングル「センチメンタルピリオド」が披露された。その歌詞には「ロックだけで暮らしていけるなんて言い訳にしか聞こえません」というフレーズがある。デビュー曲でそのように歌った彼らが、かっこいいロックバンドのための選択を続けて24000人を集めたのだ。

ユニゾンは私にロックバンドは楽しいと教えてくれた。ユニゾンにとって、自分たちの楽しさを追求することがロックバンドを続ける方法だった。それをずっと前からユニゾンは知っていたと思う。そして15年続けることでそれが答えになり、その答えが間違ってなかったことを証明したライブだった。
そしてまた、その答えを握りしめてユニゾンは私たちの街にやってくる。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい