2139 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

2人で見た箒星

BUMP OF CHICKEN 『天体観測』

待ちに待った日。
ROCK IN JAPAN FES.2019 3日目。
高校3年生の自分は前半から受験勉強に明け暮れていたが、今日は夏休みの折り返し地点でもあり、息抜きの日を設けたかった。
1日遊び尽くすのは少しいきすぎた休暇ではあったのは十分承知していたが、、、。
けど、本当の理由はそこではなかった。
自分は5月に大会を終えて、引退を迎えた。
しかし、全国の舞台を控える友達は、つい此間まで部活を続けていた。
そんな友達が迎えた全国の舞台で輝きを放ち、ついに夏休み中に引退を迎えた。
友達はキャプテンを務めていたこともあり、現役自体はよく2人で支え合っていたからこそ、この3カ月はとにかく大変だったらしい。
そんな友達にお疲れ様の意を込めて、プレゼントとして贈りたかったのだ。

フェス自体初めてな友達は、一度経験してる自分がリードしながら、色々なアーティストのライブを経て、夜を迎えた。

GRASS STAGEのトリを飾るのは、そう、、、
『BUMP OF CHICKEN』だった。

友達は、そこまで詳しくないが、今回のアルバムに収録されている曲の多くが作品のタイアップばかりで、さらに、今回はそのアルバムから殆どの曲が披露されたのもあって、『聴いたことある!』や『これ知ってる!』など色々な感想を聞けた。

中でも、印象に残ってるのはやはり『天体観測』。
今回は野外でのライブだったこともあり、曲中には盛大な花火も見ることができた。
その時の自分と友達の目はものすごく輝きに満ちていたことだろう。

“見えないモノを見ようとして
望遠鏡を覗き込んだ
静寂を切り裂いて
いくつも声が生まれたよ”

学生であるがゆえに、帰りのバスに乗り遅れる訳にはいかない自分たちは、今回ライブは後方での参加になったが、見えないモノを見ようと、背伸びしたり体を逸らしたりして、いくつもの声を肌に感じていた。
藤くんはよく言っていた。
『どこにいたって、聴こえるように唄ってやるから』
その言葉は嘘ではなかった。

最高の夜を過ごして、フェスに終止符を打った。
帰り際、『ありがとう』の声を聞いて、『本当にお疲れ様』と伝えた。

これからもまだまだ続く人生。
受験生である以前に、人間であるのだから、こういう日があってもいいと思う。
批判も多くあるかもしれない。
けど、それは結果的に失敗したらの話であって、自分たちが最終的に成功すればいい話なのだ。
そんなことも誓い合って、明日から夏休みの後半戦を
駆け抜けていく。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい