2359 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

君の魂を愛に浸せ

トム・ヨークは仙人になった

Immerse your soul in love

トム・ヨークがそう歌ってる。

トム・ヨークがボーカルをしているレディオヘッドと出会ったのは、高校の頃。

始めはニルヴァーナやオアシスなんかと同列の洋楽の1つのバンドだった。

いや、それは嘘になるかもしれない。
実は粘っとした複雑な楽曲はむしろ、思春期の僕にとっては、取っ付きにくかった。理解し難かった。

それからしばらく経ち、ちょうど大学生になってしばらく経った頃、
人付き合いやこれからの人生に嫌気がさしていたころ、
ふとした時に、Creepを聴いた。

英語が出来ない僕は和訳を読みながら聴いた。
 

「But I’m a creep I’m a weirdo
What the hell am I doing here?
I don’t belong here」

「だけど、僕はうじ虫だ。
気持ち悪いやつだ。
ここで一体何をしているのだろう。
ここは僕の居場所じゃないのに。」
 

これは僕の歌だと思った。

失意のどん底にいる僕に届く他人の言葉なんてないと思ってた。

遠いイギリスからそんな言葉が届くなんて思っても見なかった。

ドロドロとした薄暗い沼のような心の中に
一雫の水滴が浸透してきて、
ぼんやりと光が灯った。

そんなことがあるだろうか。

ブルーハーツが歌っていた、心のずっと奥の方。
それは確かに僕の心にもあった。
 

そこから片っ端からレディオヘッドを聴いた。

霧が晴れて視界が開けたように、
数々の楽曲に、僕の胸は踊った。

複雑で繊細で、優しく激しく、
身体中に浸透してくる、美しい振動。
狂おしい歌詞とリズム。
 

そして、忘れもしない@SUMMER SONIC 2016

始めてのレディオヘッド。
「1. Burn the Witch
2. Daydreaming
3. Decks Dark
4. Desert Island Disk
5. Ful Stop
6. 2+2=5
7. Airbag
8. Reckoner
9. No Surprises
10. Bloom
11. Identikit
12. The Numbers
13. The Gloaming
14. The National Anthem
15. Lotus Flower
16. Everything in Its Right Place
17. Idioteque

Encore
18. Let Down
19. Present Tense
20. Nude
21. Creep
22. Bodysnatchers
23. Street Spirit (Fade Out)」

この圧巻のセットリストに、
マリンスタジアムで、陶酔した。
いつもCreepを披露しないレディオヘッドが前回のサマーソニックに引き続き、今回も披露してくれた。

なぜか日本人が大合唱だ。前回も今回も。
こんな歌詞の歌を大合唱するなんて、トム・ヨークもびっくりだろう。
きっとこの曲は失意のどん底でできた歌だから。

そして、もう一つ大切な曲。Daydreaming。

この曲まで歳を重ね、大切な別れを経て、人生の半分を終えたトム・ヨークは、仙人になった。

計算し尽くされた芸術は、
複雑で難解な芸術は、
心の深い深い奥の方に到達する術だ。

そして、それは僕達の心の支えになる。

トム・ヨークはそれを知っている。

ありがとう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい