2511 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

And Protector

リアルを乗せたメロディが運ぶもの

今の時代スマホでアーティスト名や曲名を検索すれば簡単に音楽が聴けてしまう時代である、CDを買ったり借りたりせずとも。

そんな便利になった今であっても、自分にとって良い音楽に出会えることの可能性はそこまで増えたようには思えない。(そのアーティストの存在を知ってからはすぐ触れることができるようになったけれども)
音楽に触れる環境は整ってきていると思うが、それを知る・知らせる環境は未だそこまで整ってはいないと思う。

And Protectorを知ったのは最もアナログな手段で「友人のススめ」であった。
知った後は時代の流れに乗ってYouTubeで検索し、すぐに聴いた。
初めて聴いたのは「twilight」。その1曲しか聴いていないけど、久しぶりにフェイバリットなバンドに出会えた感じがしてとても嬉しかったのを今でも覚えている。

正直私自身音楽に特別詳しい訳ではないので「この曲のこの部分の〜」「この歌詞の表現が〜」とか「USパンクの〜」みたいな専門家のような気の利いたコメントは言えない。ただ私が受けた印象を中心に話していこうと思う。

And Protectorの何が私を惹き込んだのかというと、まず1つ目に曲の雰囲気。
先に挙げた「twilight」で言うと、なるべく抑えて抑えて抑えて解放された時のパワーを見た・聴いた時、一気に私自身もそのパワーの波に流されたというよりは、曲が乗せてくれた。そんなことできる曲めちゃくちゃカッコいいに決まってるじゃないですか。

2つ目にシンガロング。またまたtwilightを例にとってしまうと、PVの映像で先に言ったパワーを解放してからの映像はフロアライブに映像メインになるのだけど、お客さんがみんな一緒に歌っていてすごいあったかい良い雰囲気だなと思わせられた。
私自身And Protectorのライブに行った時思ったのが常にシンガロング状態、かく言う私もだけど(笑)
ライブ途中でお客さんにマイクを出して歌わせる時もあるし、なんならステージに飛び乗ってマイクを奪うぐらいの感じで歌っているお客さんもいる。
自分の作った歌を泣きながらとか必死に口開けて大声で歌ってくれるのって凄い嬉しい事なんじゃないのかな。ステージからみえる景色はきっと最高なんだろうな。
一緒に歌いたい、と思わすパワーの曲がAnd Protectorの曲たちにはたくさんある。

最後は歌詞の雰囲気
私が一番好きなアルバムは「Lime Green」でこれが全曲最高!!
という話は置いといて、
歌詞がリアルと言えば良いのか、「歌詞を聴くと頭の中でその映像が再生できる」感じがする。生活してる中での情景描写がよくあってその歌詞を自分を1人称にした映像に投影させることができるような気がした。
加えて、Aメロは何小節分でそれに合わせて歌詞を…というのは曲にはよくあることだと思うが、どっちかというと「書きたいことはこれだけだからこれ以上無理やりとってつけることはしない」というような意識が感じられた。
そういう所からもAnd Protectorの疾走感は産み出されているのではないかと個人的に思った。

以上が私が初めてtwilightを聴いてから今もなお他のアルバムを聴いたり、ライブに行ったりして受け取った気持ちである。
 

最初に言ったように今は新たな音楽に触れる環境はいくらでも整っていて、
たった今、微力ではあるかもしれないが個人的に感じたAnd Protectorのカッコよさを伝えたつもりではある。

知る機会を得たならば、今すぐに新たな音楽に出会って欲しい。
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい