2219 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Thank you,ROCK BANDS!&ROCK BAND!

好きになって良かった…8兆回そう思える、UNISON SQUARE GARDENのトリビュートライブ

UNISON SQUARE GARDENは、この7月で結成15周年を迎えた。舞洲での記念ライブ「プログラム15th」も、記憶に新しいだろう。

そんな彼らをお祝いするために、実力派アーティストがユニゾンの楽曲をカバーしたトリビュートアルバム「Thank you, ROCK BANDS! 〜UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute Album〜」が発売されて1ヶ月が経った。
 
 

そんなときに僕は、日々生活している大阪を飛び出して、東京の新木場STUDIO COASTにいた。
8月28日…今日この場でトリビュートに参加したアーティストを、ゲストに迎えてのライブが始まる。
それを見届けるために東京にやって来た。
 

15年間やってきたユニゾンのライブは、大きく分けて2つある。
ワンマンか対バン形式か…その2種類だけだった。
けれども、今回だけは違う。ユニゾンが演奏する楽曲に、各アーティストが参加するのだ。
 

その事実に対して、一体どんなライブなるのか…全く想像がつかないまま、当日を迎えることになった。
少なくとも自分にとっては、ユニゾンを好きになって、初めての経験だった。
僕は15年かけて作られてきた、揺るぎない彼らのスタイルが大好きだ。
だからこそ、期待と不安が入り混じりながら、会場に入った。
 

ステージ中央にはキーボード、奥にはドラムセットが2つ…他にも普段見かけることのない楽器が、ステージ上で音を鳴らす。
そんな光景を目にするだけで、いつもとは異なるライブになることが予想できたし、逆にどんなライブになるのかますます予想ができなくなった。
 
 

そして、開演時刻の19時を迎える。
会場の照明が消え、普段通りに登場SEである「絵の具」が…流れなかった。
 

登場したのは、パスピエの成田ハネダ(key.)だった。
ユニゾンではない、ゲストアーティストの登場に、思わず会場が静まり返る。
そんな僕らを横目に、軽快なピアノソロを披露していく成田ハネダ。
そして、その演奏が終わると…
 

聞き覚えのあるメロディが。そう、ここで「絵の具」のピアノ演奏とともに、本日の主役であるUNISON SQUARE GARDENが登場した。
圧巻の演出に、思わず心の中で驚嘆の声をあげてしまう。
だが、驚くべきはそれだけではなかった。
 
 

成田のピアノの演奏から入るこの曲は、彼らがトリビュートでカバーしたものではない。

1曲目は「harmonized finale」。誰もが予想しなかった曲が登場したのだ。
当然、会場からは大歓声が巻き起こる。
近くで見た、斎藤宏介(Gt.&Vo.)のニヤっと笑うしたり顔は、今でも忘れられない。

そのまま2番に突入すると、パスピエの大胡田なつき(Vo.)が歌いながら登場する。
そのとき僕は、このライブの意味にようやく気づく。
 

パスピエから出演する最後の1人である、三澤勝洸(Gt.)が登場すると、そこからは、もう怒涛の展開だった。

鈴木貴雄(Dr.)のお約束の「1.2.3.4!」のカウントが追加された、トリビュートでカバーした曲「場違いハミングバード」

斎藤宏介がハンドマイク片手に、大胡田とともに歌う、パスピエの代表曲「S.S」

息もつかせぬ展開はいつも通りだが、内容は普段とまるで異なっていた。
 

それはパスピエが退場しても変わらない。
続いて登場したのは、a flood of circleの佐々木亮介(Gt.&Vo.)。
ビール片手に登場する様は、ユニゾンのライブではお目にかかれないロックな光景。

挨拶がわりといわんばかりに、激しいパフォーマンスで、a flood of circleの楽曲である「シーガル」を歌いあげる。

そして、佐々木自身が歌うことを熱望した曲、「WINDOW開ける」
普段のライブではありえない、サビでの大合唱もこの日ばかりは心地の良いものに聞こえた。
斎藤の嬉しそうな笑顔を見て、ああ、今日はお祭りなんだなと再認識させられた。

最後は、トリビュートでもカバーした完全無欠のロックンロール「フルカラープログラム 」
きっと最初で最後だろう。ユニゾンのライブで、客席にダイブしたアーティストは。
でも、だからこそ…このライブは何も恐れずに楽しめるものだと教えてくれたような気がした。
 

3組目、THE BACK HORNの山田将司(Vo.)が登場する。さながら地獄を表現したような演奏の「BUSTER DICE MISERY」は、山田の妖艶な歌声と絶妙にマッチしていた。

菅波栄純(Gt.)も登場し、ユニゾンの3人がバンドを始めた当時、THE BACK HORNの新曲だった「涙がこぼれたら」を披露する。

そして、トリビュートでもカバーした「シャンデリア・ワルツ」は、原曲とは声質がまるで違うはずなのに、同じように背中を押してくれる熱を持った何かを感じさせられた。
 

4組目に現れたのは、the pillowsの山中さわお。田淵智也(Ba.)に「元気か!」、斎藤宏介に「相変わらず可愛いな!」なんて言えるぐらいには、風格を兼ね備えた雰囲気が印象的で。

僕らにとっては聞き覚えのある前奏とともに、pillowsの名曲である「RUNNERS HIGH」が披露されると、カラオケで練習を繰り返したという「Cheap Cheap Endroll」を迫力あるパフォーマンスで歌いきる。

圧巻なのが、「シューゲイザースピーカー」だった。命をすり減らすように歌う姿は、田淵智也が影響されるだけの力強さが込められていた。
“どんなヒットソングでも 救えない命”があるからこそ、”音楽は今日も息をする”…聞き慣れたフレーズがどこまでも僕らに突き刺さっていく。
 

いよいよライブも佳境になった場面で登場したのは、東京スカパラダイスオーケストラ。
今回のライブでは、唯一全員での参加。
12人が並ぶ姿は壮観だった。

鈴木貴雄と茂木欣一(Dr.)のドラムソロの後に披露した、スカパラの「Paradise Has No Border」はお祝いにふさわしい盛り上がりを見せてくれた。
バチバチに仲が悪いなんて形容するユニゾンの3人が、ステージ中央に集まってキメる光景なんて多分一生見れない。

初めて演奏された「愛があるかい?」
その合間に歌われた「白と黒のモントゥーノ」
トリビュートアルバム収録曲の「桜のあと(all quartets lead to the?」

その至る所にユニゾンへの愛とスカパラへのリクペストが散りばめられていて、言葉では形容しきれない多幸感に満ち溢れていた。
ひとつだけ言えるのは、12人が本当に楽しそうな顔で演奏をしていたこと。
 

この豪華なアーティストの最後を飾ったのは、ユニゾンとの親交も深い、LiSAだった。

自身が歌うことを望みながらも、みんなのために違う選択をし、トリビュートには収録されなかった「オトノバ中間試験」を颯爽と登場して歌う。
“息継ぎがてんでないじゃんか”の部分で田淵に詰め寄る場面は盛大に笑ったし、僕らも呆れるまでユニゾンに任せたいと改めて思わせてくれた時間だった。

誰もが聞きたかったLiSAの「Rising Hope」は、斎藤宏介の声も入り混じって、言葉もいらないぐらいの感動に打ち震えた。思わず「最高…」って呟くぐらいには。

ライブの最後を締めくくる「オリオンをなぞる」は、まさにこの日の集大成で。
普段から田淵の楽曲を歌う彼女だから出来たことだが、ユニゾンの曲なんだけど、それだけじゃない…2組の魅力を存分に引き出したパフォーマンスを魅せられた。
 

最後の鈴木貴雄が15回ドラムを鳴らす姿に、終わりを感じるとともに、今日この場所に居合わせた幸せを存分に噛み締めていた。
 
 
 

僕が気づかされたこのライブの意味は、とてもユニゾンらしさに溢れていると思う。
今年は初めて彼らが「祝ってくれ!」と周囲を巻き込んで、様々なことを企画していく年になった。
それは、いつも通りの揺るぎない「自分のため」のものだし、彼らが誰かのために演奏することはおそらくありえない。
 

でも、周囲を巻き込んで、みんなから祝ってもらって…そんななか適当な企画や演奏で、3人が納得するわけがない。
あくまで「自分のため」であることは、きっと変わらないけれども。
 

自分たちが楽しむために、あれだけの曲数を練習して臨むし、必要があればそれを増やすことも厭わない。
それは、祝ってくれるゲストが気持ち良く参加してくれるためでもあるし、僕ら観客が最高に楽しめるために必要だと感じているからだと思う。
 

自分たちが楽しむことのなかには、そういった繋がりを、限りなく大切にすることも含まれているんだ。
少しまわりくどいかもしれないけど、彼らなりの「祝われる側の矜持」を垣間見た気がする。
ただ祝われるだけなんて、普段の彼らからは確かに考えられないことだ。
 

そんな思いを込めて、企画したトリビュートライブ。
終演後のアンコールで、斎藤宏介は目に見えて疲労していた。こんなに疲れた彼を見たのは初めてだった。
それだけ凄まじいライブだったことを物語っていた。
 

そんななかでも、あくまで通常通りの演奏を披露したのはさすがだし、ついに終盤で登場した「プログラムcontined(15th style)」は、このお祝いムードをより一層高めてくれたと思う。
普段はあまり3人に言葉をかけない僕も、思わず「おめでとう!」と叫んでしまうぐらいには。
 

こんな唯一無二の素敵なライブは、多分そうそう開催されない。
アンコールのMC、斎藤宏介は「今日だけでUNISON SQUARE GARDENで良かったって、8兆回ぐらい思いました」と言った。

それは僕らも同じで。
UNISON SQUARE GARDENを好きで良かったって、8兆回ぐらい思えた時間だった。
 

そんな素敵なライブを作り上げるために、UNISON SQUARE GARDENを祝うために、集まってくれたアーティストには感謝してもし足りない。
でも、同じように15年間変わらずに歩き続けてくれて、今日と言う日を迎えてくれたユニゾンの3人にも感謝の気持ちを伝えたい。
 

だから、僕はこう言うんだ。
 
 

Thank you,ROCK BANDS!&ROCK BAND!

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい