2219 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

“CD”から「私だけの宝物」になるまで

BUMP OF CHICKENの最新アルバム「aurora arc」を聴いて

BUMP OF CHICKENのCDを再生したその瞬間、外の生活音から解放されて、CDプレイヤーから響く音と、自分と、2人だけの世界になれる気がした…

今まで届けてくれたBUMP OF CHICKENの唄たちは、私の中で大切な宝物で、ずっと心の奥にいてくれている…
 

そんな感覚が、思いが、私にはある。
 
 

-2019年7月
アルバム 「aurora arc」リリース-
 

リリース発表からこの日まで、ずっと待ちに待っていたCDが入った袋を、ギュッと抱えて、家に帰った。

(綺麗なジャケットだなあ)とか(初めて聴く唄もあるなあ)とかそんな事を考えながら
CDプレイヤーの再生ボタンを押した。

最初の音が響く。

スッと音が心の隙間に入り込んできたような感覚だった。
綺麗だった。
音たちがキラキラ喜んでいるのが、耳から心へ伝わった。
オーロラを見たときの感動を分けて貰えた様な、気がした。
新しい唄が、また私の元にも来てくれた、大好きな唄にまた出会えたと思うと、とてもとても嬉しかった。
 
 

ただ、宝物か?と聞かれれば、少し間を置いてしまう様なそんな思いも反対に存在した。
 

そんな思いに気付いてしまうと、だんだん不安になった。私の今まで大切にしてきた宝物が、急にモヤっとして見えなくなっていく様なそんな気がした。

意に反してそんな事を思ってしまう自分を抑えつつ、焦る様に、今までのBUMP OF CHICKENの唄を聴いていた過去を少しずつ振り返ってみた。
 

記憶を遡る中で、ふと、思いの正体が分かった。
 
 

(きっと私が聴くうちに宝物に変わっていったんだ…)
 

‪唄はCDショップで、言わば、簡単に手に入る。‬
 
 

‪でも、私の手元に来た時から、何回も何十回も何百回も幾度となく聴いて、寄り添ってくれたから‬
 

唄を聴いていた時のあの記憶は私しか知らないから
 

いろいろな思いを詰め込んでしまったから
 

たくさんの感情をもらったから
 

CDショップにいくつも並ぶ‪同じCDから、時をかけて、「私だけの宝物」になっていくのだ。‬
 
 

そんな風に思った。
 
 
 

だから、「aurora arc」 は私の中ではまだ、CDなのだ。

きっとこれから宝物になっていくであろう、大切な“CD”なのだ。
 

私は、これから生きて行く上で、壁にぶち当たった時、嬉しい時、どうしようもない時、心を休めたい時、色々な場面で、無意識のうちに、何度も何度もこのCDの再生ボタンを押すのだろう。
 

そんな事を1人、「aurora arc」が流れる部屋で感じた。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい