2219 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

行くしかないだろう

コブクロに助けられて

 
私は普段コブクロを聴くことはない。

いつもは、ONE OK ROCKやELLEGARDENなど、ロックバンドばかり聴いている。
私にとって、特にONE OK ROCKは水であり、生きていくのに必要なものである。
ただ、たまにコブクロがどうしても必要な時期がくる。

私は、髪が短いという容姿や、バスケット部のキャプテン、言うべきことを言う性格からか、メンタルが強いとみられがちだが、本当はそんなことはない。

昔はとてもメンタルが弱かった。
今もそれは変わることはないが、考え方を変え、いろんなことを経験して、以前よりかはいくらか強くなったと思う。
それでも、たまにくる“なんて自分はダメなんだ”という時間にくじけそうになる。

そんな時、コブクロのDOORという曲を聴くことにしている。ONE OK ROCKが水なら、コブクロは栄養ドリンクだと思う。本当につらくなったとき、あぁもうダメだ、今ちょっと死にたいかも、と思ったとき、DOORを聴く。聴こうと決めた。

“好きなことだけをしていていいのか”
と先生達はみんな同じことをいう。私もそう思う。
それでも私はこの道を選んだのだと疑問をふりはらう。
バスケットをするためにこの学校を選んだんだ、今ここでバスケットに本気で取り組まなければ、これから先一生、本気になることはない。
それなのに上手くいかないのはつらい。自分を変えることで状況を変えられるなら、もっと単純に解決できる。
でもチームスポーツは、そう簡単に上手くいかない。周りをかえることはとても難しい。私はキャプテンだから必死にやるけど、周りがそれに応えてくれるとは限らない。たとえそれがチームメイトの本気であっても。
“キャプテンがそれじゃ、だめだよね”と言われた。
そうかもしれない、やっぱり私が悪いのだと思った。
はじめて、1人のときに涙がでた。家に帰れなくなってしまった。“なんて自分はダメなんだ”の時間は本当につらい。

ひとしきり泣いた後、
そんなことはないだろう?と思った。
私は必死だ、多分誰よりも今必死にプレーしている。周りのみんなも同じように頑張っているけど、だからといって私が頑張っていないわけない。何度もビデオを見返すけど、私は頑張っている、と思った。
なんて自分はダメなんだタイムから抜け出したあと、DOORを思いだした、そうだこういうときはこの曲を聴くんだっけと。

:自問自答を繰り返し
 思い悩み立ち止まるけど
 あの日夢見た 輝きだけが
 また 僕の心を揺さぶるよ
 眠れない日々を過ごすのなら
 眠らない明日を追いかけよう
 夢見ることが全てじゃなくて
 叶えようとすることが全て

私は、常にそれで合っているかどうかばかり心配している。そしてもしかしたら、ここを選んだのは間違いかもしれない、と思ってしまう。
それでも、一度バスケットも辞めると決意した私が、もう一度バスケットをすることを決めたのは、今の仲間達がいたからだと思い返す。あの日、あの時、
“この人達とならバスケットが本気でできるかもしれない”と思ったことが、今も私の原動力になっている。
怖くて眠れない夜もある。いくら練習しても無駄かもしれない、またバスケットが嫌いになるかもしれないと思う日もある。
それでも私は進むしかないのだ。私が選んだのだ。
もう引き返すことはできない。
後悔してもいい。本気でして、後悔して、やっぱりあのとき、勝ちたかったなって一生引きずって生きていくことがどんなに素敵か、私は知っている。
後悔しないために、必死でやっているのではない、
私は後悔するために必死になっているのだ。
頑張れ私。まだ、頑張れる。
私はみんなを励ますけど、誰も私を励ます人はいないのだから。
だから、頑張れ弱い私。強くなれ。
自分のDOORは自分でひらけ、

:開くべきDOORなんて 自分で決めるのさ
 不安や恐れに 足元をすくわれそうになるけど
 巡り来るこの時に 逆らい続けよう
 後悔は僕に 何を教えてくれただろう?

『行くしかないだろう!』
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい