2234 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

重ねたオレンジ

クリープハイプに頼ってばかりの僕

「別れたい」
久しぶりの会話は衝撃の一言で始まった。頭の中は困惑しかなかった。まだこの先もアンタとならなんとかやっていけると思っていた矢先だ。
理由は色々あったが、最近好きか分からなくなったらしい。なんだよその理由。でも別れるには十分だった。涙は出なかった。
突然なにかを失った虚無感と悲壮感に襲われた。慌てて気を紛らわせようとして、iPhoneから曲を流した。
よりによって流れてきたのは、クリープハイプの愛の標識。腹が立つほど歌詞に重なってしまう。気づけば口ずさんでいた。
「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ 信じていたのに嘘だったんだ」
全くその通りだ。何度愛を確かめ合ったか忘れた。あれは愛されてなかったのか。今まではなんだったのだろう。自問したにも関わらず、答えは出なかった。
ああ、馬鹿みたいに信じていたのは僕だけだったんだ。
尾崎世界観は何で信じていたのか。マジで僕みたいじゃん!あははっ。
根拠のない自信はどこから湧いたのか。自分に対するヘイトで頭はいっぱいになっていた。
しばらく考えてわかった。なんだそうか。信じていたのは相手じゃなくて、自分に対しててったのか。なんとかなると信じていただけだったのか。
馬鹿らしくなった。いっそのこともう全部水に流して、なにも気にしてないふりして、元気でねって手を振ってやればいいや。
さよなら。死ぬまで一生愛そうとしていた人。
元気でね。もう二度と会わないけど。それまで。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい