4282 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

星野源とSame Thingと私

星野源PopVirusWorldTour横浜公演を見て

「何だこれ...」

源さんがSame Thingを歌い終えた後、声に出して呟いてた。
掌がじんじんする。
体の芯が火照ってる気がした。
 
Same Thingは好きな曲だけど、歌詞には少し距離を感じている。
もう少し年齢が若かったら...
毎日、クソが!クソが!って泣きたい気分で過ごしてたあの頃だったら...
その距離は感じなかったかもしれない。

それに何故Fワードを使うのかも謎だった。
意味も知ってるし、バナナムーンではよく聞くけど、私自身は口にした事など一度も無い言葉だ。
私がうっかり口ずさんで、娘が覚えて学校で歌ってしまう可能性もあるから、聞く時は少し注意も必要だった(娘のクラスには最近アメリカ人の女の子が転校してきたし)。

でもあのメロディが好きだ。
オロノの歌う声も好き。
距離を感じつつも、ライブで聞けることを楽しみに横浜まで来た...そして。

源さんがSame Thingを歌い始めるとともに揺れる体。
心地よいリズム。
ライブバージョンのアレンジ、カッコイイ...
意外と歌詞を覚えてて、歌えてる自分に軽く驚く。
どうせみんなには聞こえないはずだし、と初めて人前で口にしてみた...fuck you!
おや...?
全然平気じゃん。
曲後半、Wabi sabiと歌い重ねるごとに、胸の奥の方からふつふつと湧き上がってくる興奮...
すごい...これは...

「...気持ちいい!!」

とにかく気持ちがいい。
声に出して叫びたい気持ち良さ。
とにかく爽快!

ああ、そうか...
この曲はひとりで聞くより、周りの人たちとリズムに体を預けながら一緒に歌いながら聞くとより楽しめる曲なんだ。
だからあのMVなんだ...
 
それが実感できたことがこんなにも嬉しい。
ライブに行けて本当に良かった。
突然だけど、私がライブに行くために協力してくれた家族にも本当に感謝だ。

謎に対して自分なりの答えは出てないし、親としてある程度の距離もまだ必要だ。

でもたぶん、

『それで大丈夫 それでいい』

源さん、ありがとう!
また笑顔で会えますように。
       
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい