4113 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Mr.Childrenに近づきたい

しがない市民バンドの会話

登場人物、ボーカルSさん(バンドマスター)、ドラマーMさん、ベーシスト不肖わたくし(Yとします)、ギタリストとキーボーディスト(I)は諸事情あって、このミーティング時には不在でした

S「というわけで、ライブのセトリを決めたいんだけどね」
Y「セトリとかいうと、なんかバンドっぽいですねえ」
M「実際にバンドと言えばバンドじゃないか」
Y「まあ、そうですね」
M「いやしくもロックをやるものが恥ずかしがってどうする」
Y「すみません」
S「Mr.Childrenのシーソーゲームはいれたいよね」
M「ふむ」
Y「あの高音部は、どうやって出すおつもりですか」
S「キーを下げてほしい、2フラット」
Y「移調は苦手だって、いつもIが言ってますけど」
S「でもシーソーゲームはやりたい、やりたい」
M「とりあえずYくんはチューニングを下げればいい、1音」
Y「そうすると弦がダルダルになります」
M「そこは何とか慣れてもらうしかない」
Y「…御意。そんで、間奏の出口ですけど」
M「ああ、あれね、一瞬、ベースだけ鳴って拍があくところね」
S「そうそう、あれが気持ちいいんだ」
Y「あそこでベースがコケると悲惨ですね、原曲のイメージが台無しになる」
M「どうしてどう悲観的になるんだ、俺とアイコンタクトすればよい」
Y「すいません」
S「とにかく2フラットね、そこは譲れないのでヨロシク」
Y「サビのシャウトはお客さんに歌ってほしいですよね」
M「ふむ」
Y「でも、そうそう思い通りにはいかないでしょうねえ」
M「どうしてそうも自信がないんだ」
Y「だって我々はMr.Childrenじゃないわけで」
M「まったく。ガールフレンドを招待するくらいの気概はないのか」
Y「もう恋だとか、そういうトシでもないような気がするんですが」
S「とにかく2フラットね、俺は桜井和寿さんじゃないので」

後日、キーボード(I)とベース(不肖わたくし)による個人練習を行う

Y「今日はトイレと水分補給以外は修行だから」
I「なんだか、そういう漫画あったね」
Y「シーソーゲームを2フラットでやることに決まったから」
I「移調ねえ…」
Y「おめおめと弾けなかったとしたらスタジオ代を全額いただきますからね」
I「それも漫画から影響を受けた発言だね」
Y「ここね、Aメロを歌い終わった部分の…」
I「あー、はいはい、ジャー、ジャ、ジャーンの」
Y「ここは本来的にはブラスを入れるべきなんだと思う」
I「そうだろうね」
Y「人手不足は企業のみならず我らがバンドにも及んでいるので」
I「急に社会人みたいなことを言い出したね」
Y「いちおう社会人といえば社会人じゃないか、いちおう」
I「なんの話をしてたんだっけ」
Y「そうだ、きみは左手でも音を出せばいい、そうすればブラスのぶんも厚みが出せる」
I「某漫画のキャラは、左手だけで闘うことを提案…」
Y「今はそういうことを話している時じゃないんだ」
I「はいはい、ジャー、ジャ、ジャーンをピアノで出すわけね」
Y「ここで我々がユニゾンしないと、悲惨なことになる」
I「あまりプレッシャーをかけないでほしい」
Y「もし1時間たっても弾けなかったとしたら、この私が…」
I「それも某漫画から影響を受けた発言だね」

腕が痙攣するほどの練習を終えて、なじみの食堂に向かう

Y「とにかく、激しく練習したことはバンマスに報告しておこう」
I「そうね」
Y「いちおうスマホで録音しておいたんで、その音源を共有しもする」
I「俺もLINEしとくわ。えー、クビの場合は連絡ください、と」
Y「減俸、降格などの場合も返信をもらうことにしよう」
I「そういう用語は市民バンドにおいても使われるんだろうか」

店員「いつもありがとうね」
我々「あ、どうもどうも、おいしいです」
店員「あなたたちも、そろそろ卒業かしら」
我々「!?」
店員「がんばってね、学生さん」

Y「いくら某漫画の影響を受けすぎているとはいえ…」
I「そしてジャー、ジャ、ジャーンとか言ってるとはいえ…」
Y「よっぽど風格やオーラがないんだろうねえ」
I「仮に若く見えたところでお世辞になるトシでもないわけで」
Y「みすぼらしく見えるだけなんだろうねえ」
I「服もヤスモノだし、ろくに酒も飲めないし」
Y「カキフライでご飯を2杯も食べて」
I「そのくせ腕は細くて」
Y「店員の評判は今ひとつでも市民ミュージシャン」
I「それはシーソーゲームの歌詞から影響を受けた発言だね」

というような活動を行っている、いいトシをした市民ミュージシャンがいるとしたら、Mr.Childrenが笑って下さるのか、あきれて新曲を書けなくなるほどのショックを受けるのか、よく分からないままプロジェクトが進んでいたのですが、こうした情勢下、合同練習ができない週末がめぐりつづけています。

不肖わたくしは、ただでさえ虚弱、かつベースが下手くそなのに、コロナのストレスに追い打ちをかけられ、人間としてもバンドマンとしても、ややグッタリしてはいますが、Mr.Childrenの楽曲を聴くと少しエネルギーが戻ります。

今のところメンバー内に感染者はいませんが、Mr.Childrenご当人たち、その愛聴者、それに限らない人たちの安全を願っております(※なんだかMCみたいですが、私は本番でマイクを持つ予定はございません)。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい