4042 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Mrs. GREEN APPLE 『フェーズ1』完結。

活動休止への思いとささいな期待

『フェーズ1完結につき活動休止』

Mrs. GREEN APPLEデビュー5周年となる2020年7月8日、全国に衝撃が走った。私もそのうちの1人だ。

活動休止と聴いて頭によぎったのはもう当分ミセスのライブに行けないということ。
毎回想像と期待を遥かに超えてくる新曲が聴けないということ。ほんの数秒で、私を今まで支えてきた物達の大きな一つが抜け落ちたような喪失感と、ラジオやテレビで活躍している彼らの姿を当分見ることが出来ないという寂しさが私の頭の中を埋めつくした。

しかし彼らは私達をそんな悲しみでは終わらせない。
この活動休止をフェーズ2に向けての準備期間であるかのように、新プロジェクト ”Project-MGA” を始動させたのだ。
それはデザイナー、イラストレーター、スタイリストなど、様々な面でミセスを支えるCREWを募集するというものだ。

まだ高校生である10代の自分に何か出来ないかと思い、この音楽文を今書いている。
そして、一連のニュースを聞いて動揺している自分の気持ちを文字に起こして整理したいという思いもあるかもしれない。
それでも私の少ない語彙ではまだ伝えきれない感情もある。

Mrs. GREEN APPLEは私の中ではずっと働き続けてくれている。
支え続け、見守ってくれている。
勝手ながらそう思うことで前向きな気持ちになれる。
今まで大森元貴が産み落としてきた曲達がそうさせている。
そして遺言の様に遺されたベストアルバム、「5」がある。インディーズ時代の曲から最新曲まで、5年分のMrs. GREEN APPLEが詰まっている。
手に取り、ミセスの音を耳にした全ての人が『多幸感』とはこの事か、と思わせてくれるのではないか。

23歳にしてこんなに人を動かす大森元貴の背負っている感情や重圧は半端ではないはずだ。
しかし描いている未来像はもっと凄まじい。
それに私達は付いていけるのか、という嬉しい不安を感じながらエンターテインメントの既成概念を壊そうとしている彼らから今まで以上に目が離せない。

活動休止という寂しい言葉と向き合っている暇はない。
フェーズ1という区切りを付け、フェーズ2として戻って来る最強の武装をしたMrs. GREEN APPLEを私は楽しみにしている。

”今も誰かがあなたを待ってるんだ”

Mrs. GREEN APPLE/Theater
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい