4143 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

宮本浩次の独歩は続くよ 5

宮本浩次の衝撃的な言葉

衝撃的な言葉を何度も読み返している。

「俺としては実はソロで出たとしても、エレファントカシマシの宣伝にもなると思っていて。……」

ROCKIN’ON JAPAN 10月号
所謂「浩次の夏」に書かれていた宮本浩次の言葉である。

初見で眼を突き刺された言葉だ。
頭の中でいろんな驚きの言葉が跳ねていた。

宮本浩次がこんな風にソロ活動を捉えていたとは、想像すらしていなかった。宮本浩次にはソロ活動だけしかあり得ないだのと、勝手に思い込んでいた自分を恥じ入る。

アルバム「宮本、独歩。」は何度も何度も聴いていた。
聴けば聴くほど、世界屈指の歌ひ手「宮本浩次」の声が、耳から脳へと焼き付けられる。
曲によって異なる印象が宮本浩次の無限の色彩をイメージさせられる。
「宮本、独歩。」は最幸のアルバムだと改めて思い知った。
この最幸なアルバムをも、宮本浩次はエレファントカシマシの宣伝になると思っていたのか。
手にした才能を余すこと無く使い切る宮本浩次の凄絶さに、背筋が凍る感覚をおぼえた。

宮本浩次の歌声を曲をもっと聴きたいと思うようになった。当然エレファントカシマシの曲を聴くようになる。30年以上のキャリアのバンドだから、楽曲はとても多い。たくさんの楽曲から曲を探し出して聴くのは、まるで宝探しだ。愉しくて嬉しい。

曲を聴くだけでは無く、ライブDVDなども観るようになった。

ひとつ一つを観ている。
その時々の一番輝く宮本浩次が存在している。
輝きは褪せることがない。
それどころか、加速度的に進化しているのだ。
宮本浩次は、とんでもないお歌上手いモンスターなのだ。

進化は今もなお 止まらない。
どこまで進化し続けていくのだろう。
進化のその先をずっと観て行きたい。

エレファントカシマシ31年目の日比谷野音コンサートが近づいている。
宮本浩次 新曲「P.S. I love you 」発売も目前だ。

テレビ番組の出演も宮本浩次、エレファントカシマシともに増えてきている。
さながら、エレカシ祭り宮本浩次祭りの中にいるようだ。
もう、ワクワクが止まらない。

宮本さん!止まらないワクワクを全余すところ無く全部受け留めて行くよ!!
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい