4141 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

宮本浩次の独歩は続くよ 7

エレカシ野音2020開催目前

「宮本はじめメンバー一同並々ならぬ気迫で連日練習中です」
宮本浩次オフィシャル Twitter のツイートにあった言葉だ。
宮本浩次が毎日どれほどの時間と熱情を費やしているのか。サラリとしたツイートの言葉からも宮本浩次の圧倒的な熱量を感じる。

いよいよ今週末に迫った「エレファントカシマシ日比谷野音2020」
既にカウントダウンは始まっている。
同じ会場で同じメンバー 31回続いている事自体、きっととんでもない事なのだろう。
それに加え、今回は生配信もされる。とんでもない熱波を画面から遠慮なく放出してくるのかと思うと身震いがする。

野音へのカウントダウンが始まってる中でも、宮本浩次は熱い閃光をガンガンとぶち込んで来る。
ソロ曲「P.S. I love you 」のリリース、カバーアルバム発売発表、歌ひ手宮本浩次としてエレカシのヴォーカルとして歌番組への出演、一流ミュージシャンが宮本浩次の凄さについて語り尽くす番組、日本が誇る「土のソムリエ」との対談番組、等々息もつかせぬ程の猛勢だ。
露出が増えるとランキングも急上昇する。
そんなの当たり前。宮本浩次は世界屈指の歌ひ手なのだ。
どんな状況であっても本物の歌ひ手は燦然と輝きを増していく。
時代が宮本浩次に追いついたとどこかで目にした。
それは違うと思う。
常に、宮本浩次自身が時代を創っているのだ。
いち歌ひ手として。ベテランバンドのフロントマンとして。
いつも時代を創り出してきたのだ。
本当に素晴らしい宮本浩次を感じ生きていられるこの幸せを改めて感動している。

さあ!新しい時代の新しい野音ライブ配信を愉しもう!!

宮本さん、ドーーーンとやっちゃってくださいな!!
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい