4042 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

最近のdiorama現象

米津玄師の街を振り返ってわたしが思うこと

わたしは米津玄師の音楽性についてこう考える

ボカロから始まって、ファーストアルバムのdioramaはとてもかっこいいアルバムに仕上がっている
でもわたしは少し寂しい感じがする
なぜならdioramaはセンチメンタルで感情表現がどことなく寂しく感じるからだ
わたしは昔から洋楽に触れてきた為、ブラックミュージックが好きだ

マライア・キャリーやNE-YOを10代の頃は聞いていた
だけど、どれも音楽性が豊かなため、たまに頭が痛くなったりした

ハチの歌は、日本人では珍しいくらいに歌声が心地よく、聴きやすい

10代の頃のわたしが聞いたらどう思うんだろうって考えると、早く出会いたかった歌ばかりだ

わたしは10代20代の頃日本のJPOPにはあまり触れてこなかった

だけど、30代になって想うことがあった

日本のJPOPは変わったなって

ハチは昔から美しさに言及してきたが、わたしにもそのような美しさに触れる機会があった

強くなりたいって想うことはいつも身近にあって、でもいつも強さがなんなのか10代の頃から考えていた

強くありたい強くなりたいって想うのは女の子の中ではあまりない

わたしにはその強さがなくて、色々間違えてきた

強くなりたいって思っても、できない

女性ならば芯が強いとか心が強いとかあるけど
だんだん周りに感化されて自分を見失わないようにすることが精一杯になった

そんな風に、どんどん自分の分が狭まってきて、どんどん余裕がなくなっていった

そんな時はいつもブラックミュージックで励まされてきた

色々生きてきて30代になってたくさんの意味がわかってきた

本当の強さは信頼されることだと

音楽ではそこまで教えてはもらえないけど、ハチの歌はそこまで考えさせてくれる

ハチの音楽には普遍的なものがたくさんあるけど、もっと早く知っていたら色々変わった

そんなことを最近毎日考えるようになった
早くハチに出会っていればこんな風にはならなかったのかなとか

dioramaは
街から始まる
歌詞には
街の真ん中で 息を吐いた 魚が泣いた
喉を締めあげて 歌を歌った 星の様に降った

曖昧な夜の喧騒も 耐え切れない日の慟哭も
愛を食べて動けない君へと
小さくなった言葉も ぼんやり飛んだ電波も
知りたくないことを押し付けてさ

その勾配の先へ 心は行く 強く
その幽閉の奥へ 言葉は行く 深く
ほら 君は一つずつ治しながら生きているよ
今 懐かしい朝の為

その献身の先へ 心は行く 強く
その諦観の奥へ 言葉は行く 深く
ほら 君の疑うものすべて
いつの間にか 君から抜け出した君だ

意味なんてない 退屈で美しいんだ
今 変わらない朝の為
 
今早朝、5時57分にこれを書いている

街という歌には、ハチと重なる部分があって
わたしにも同じ気持ちが混じる
心の中ではその勾配の先に強くとか
幽閉の奥へ言葉は行くとかあるけれど、まるで誰かに探られているようなニュアンスがあって

献身の先へ心は行く強く諦観の奥へ言葉は行く深くというところから疑うもの全てが洗われる感じがするように描かれている
わたしにも同じような経験がある
街の中では一際目立たないけど、何かわからないけど誰かに探られていて
そんな不安から美しいものに惹かれていく
それは大なり小なりわたしの好きなもので
それらによって洗い流されていく
そんな経験がある
 
退屈な美しい朝に変わらない日常を浮かべながら
そんなことを思い返していると
昔私が好きだった音楽の良さがまた違ってみえる

ハチの歌は、なんでも許してくれているみたいに思える
わたしの不甲斐ない気持ちをいつも救ってくれる

たまに悲しくなっても、ハチの歌がいつも癒してくれるからまた元気になれる

辛いことがあっても乗り越えられる気がする

dioramaは今STRAY SHEEPによって海外から再注目されている

あまりハチには無理して欲しくない
期待されているからこそ無理しないでほしい 
 
ハチには、これからも日本でも海外でも頑張ってほしいです
わたしはどこにいても応援しています

いつも私の支えになってくれてありがとう
これからも大好き
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい