4113 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

紅蓮のスイートピー

=宮本浩次の歌声×呉田軽穂(松任谷由実)の旋律

11月18日に、宮本浩次さんのカバー・アルバムが発表されるそうです。収録曲のひとつに、松田聖子さんが歌ってきた「赤いスイートピー」が選ばれたそうです。私は宮本浩次さんのキャリアについて、あまり詳しくはないのですが、このたびのカバー・アルバムのリリース、とりわけ楽曲「赤いスイートピー」が収められることは、吉報に他ならないと感じています。

***

「赤いスイートピー」を長年、歌ってきてくれたのは、松田聖子さんです。そして本曲の詞をつむぎだしたのは、松本隆さんです。歌い手・作詞者より、それをカバーしようとする人・作曲者にスポットライトを当てようとする私は、もしかすると非礼なのかもしれません。

それでも私は、この曲の魅力は旋律にあると感じていますし、それが他ならぬ宮本浩次さんの声で届けられたら、鮮やかな赤が眼前に広がるのではないかと、アルバムの発表を心待ちにしています。

***

「赤いスイートピー」の歌詞は、細やかで控えめな、女性の恋心を表したものです。

<<煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから>>
<<何故 知りあった日から半年過ぎても あなたって手も握らない>>

上記のようなリリックが、軽やかな風のような旋律に乗せられます。「赤いスイートピー」の作曲者は呉田軽穂(※くれだかるほ)とクレジットされていますが、これは周知のとおり松任谷由実(ユーミン)さんのペンネームです。伸びやかなラブソングを歌わせたら敵なしの、ユーミンならではのメロディラインが、サビに置かれます。

<<あなたに ついてゆきたい>>

「ついていく」というのは、いくぶん古風な、受動的・消極的な愛の形であるようにも感じられますが、そんな感情が、突き抜けるように晴れやかな「ユーミン節」に出会ったからこそ、「赤いスイートピー」は切ないけれど切ないだけではない、一途だけど一途なだけではない、そういう重層的なラブソングに仕上がったのだと、私は考えています。

松田聖子さんの歌唱も、十分にエモーショナルなものであり、この曲は「いじりよう」がないようにも感じられます。女性が・女性としての胸のうちを・女性の生み出した旋律に乗せて歌い上げる。そのようにして作り出される世界は、動かしようのないものにも思えます。

***

でも今回、歌うのは宮本浩次さんです。宮本さんは浅学な私ですら知っているほどの(あまり言葉が良くないかもしれませんが)激情家です。燃えるような思いをリスナーに叩きつける、熱い歌い手です。いま彼に、「赤いスイートピー」の可憐なリリックが、そして伸びやかな旋律が託されています。リスナーの心には、はたして、どんな色のスイートピーが咲き乱れることになるでしょうか。

汗に濡れるような宮本浩次さんの声。草原を吹き渡るような松任谷由実さんの旋律。熱さと涼やかさ、それが止揚される時、何が起こるのか。恐らく咲き誇るのは、スイートピーに他ならないでしょう、宮本さんは作者や松田聖子さんへの敬意を示しもするでしょう。でも、それだけでは終わらないのではないでしょうか。宮本浩次さんは型にはまるような歌い手ではありません。その「スイートピー」の色を、よりあでやかな、鮮やかな、燃えたぎるような赤に仕上げるのではないでしょうか。

***

長年、松田聖子さんの歌う「赤いスイートピー」を愛聴してきた人たちは、それぞれに「スイートピーの咲き誇る光景」を、心のなかに(イメージとして)持っていることでしょう。それでも今回、宮本さんが試みるのは「カバー」です、「コピー」ではありません。私たちを待ち構えているのは、恐らくは「忠実な再現」ではなく、「革新的な創造」なのではないでしょうか。

誰も手が出せなかった、草原の真ん中に咲いていたスイートピーに、いま歩み寄る宮本浩次さん。その血潮と花の色が、共鳴する瞬間が、リスナーに刻々と近づいています。

私たちの、私たちそれぞれの、そう、<<心の岸辺>>を覆い隠すような、言うなれば「紅蓮のスイートピー」が、きっと11月に待っているはずです。

春はずっと先だけど、コロナ禍はつづいているけど、その「スイートピー」の咲く季節は、もう目の前です。

※<<>>内は呉田軽穂作曲「赤いスイートピー」の歌詞より引用
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい