4258 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

続・宮本浩次の独歩は続くよ

カバーアルバム ROMANCE リリース記念 ギター展示を観た

待ちに待った宮本浩次カバーアルバム「ROMANCE 」が発売された。
様々なアルバムランキングで軒並み上位に輝いている。
宮本浩次が全力の本気で取り組んだカバーアルバムなのだから当然な結果である。が、ファンとしてこの上なく嬉しくて涙がでる。

先日、新宿のタワレコへ宮本浩次のギター展示を観に行った。
苦手な街 新宿での展示とは…行くのはやめようと思った。見かねた友人が一緒に行こうと声をかけてくれた。
新宿じゃない駅で待ち合わせ、新宿へ向かった。
本当にありがたかった。
友人に連れられ、タワレコ新宿店へ無事に着いた。

店に降り立つとすぐに、宮本浩次のギターが見えた。
ギター、ヘッドホン、ラジカセ、万年筆。愛用品が静かにあった。
ギターにはフェンダー ストラトキャスターの文字。
褪色や擦れた跡や剥がれがあった。かなり年数を重ね、弾き込まれている。
が、そのギターには、凛とした佇まいがあった。
世界屈指の歌ひ手宮本浩次のギターの誇りだろうか。

コロナ禍の自粛期間に、このギターでたくさんの歌と対峙し、歌ひ手としてバージョンアップしていた宮本浩次。
真の宮本浩次を1番近くで長いこと見てきたギター。
宮本浩次の熱を帯びるギター。
もの言わぬギターから伝わる宮本浩次の熱情に鳥肌がたった。

店内にはROMANCE 収録曲がずっと流れていた。
この曲達を宮本浩次がこのギターで弾き歌い、涙したのかと思うと心がギュッと締めつけられた。

展示を観ていると、宮本浩次世代の男性とバンドをしてそうな若い男性がギターを観ていた。女性ファンは数人いたが、男性はその2人。
宮本浩次世代の男性は離れた所からギターをじっと観ていた。うっすらと涙を浮かべていたようだった。少しずつギターに近づき愛おしそうに観ていた。
若い男性はグッと展示品に近づき、かじりつくようにギターを観ていた。
対照的な2人の姿に宮本浩次のファンの人のこれまでとこれからを同時に見た気がした。なぜだかホッとした。

上階のCD売り場へ行くと、訝しげにアルバム ROMANCE を見つめる男性がいた。さっきの2人とは別の人。
やおら、かぶっていた帽子を取り、その場に無造作に置くとヘッドホンでROMANCE を試聴し始めた。
心の中で、ヨシっ!これは買ったなとニマニマしてしまった。
こうしてたくさんの人に宮本浩次の歌声が届いていく。
世界屈指の歌ひ手宮本浩次の歌声が日本中に響き渡るその日を目撃できる光栄を脳に直に焼き付けよう。

宮本さん!!
カバーアルバム「ROMANCE 」は「宮本、独歩。」に続き、大切な宝物になったよ!!
これからも宮本さんのバージョンアップを見続けるよ!!
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい