4258 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

宮本浩次の独歩は続くよ 11

アルバム「ROMANCE 」が第一位になった

なんて嬉しい素晴らしいことだろうか。
宮本浩次のカバーアルバム「ROMANCE 」がランキングチャート第1位に輝いた。
今、日本で1番聴かれているアルバムが、宮本浩次の「ROMANCE 」ということだ。
何度も何度もランキングチャートを見返し、嬉しくて嬉しくて泣けてしまう。

「こんなに歌が上手いのに…」
「屈指屈指、世界屈指だから…」

以前、WOWOWで観た宮本浩次ドキュメントでの一場面だ。
いつも宮本浩次のこの言葉達が頭から離れない、忘れられない。
才能に溢れ、努力を惜しまない宮本浩次にこんな苦悩があるなんて想像すらしていなかったからだ。
忘れられるわけがない。

アルバム「ROMANCE 」でのランキングチャート第一位は宮本浩次にどう響いているのだろうかと思っていると、宮本浩次のインスタグラムが更新された。
たくさん感謝の言葉があったが

「本当にうれしいです。」

「うれしい」と響いていたのだ。また泣けた。
日本中に、全力の本気で「歌ひ手宮本浩次」の世界屈指の歌声を知らしめたのだ。
最幸じゃないか!
嬉しさが倍増していく。

様々なメディアに露出しているが、何よりも最幸なのは、歌っている宮本浩次の姿だ。
MVも、もちろん素敵な芸術作品で素晴らしい。
だが、宮本浩次は歌ってる時が1番とんでもなく強く鋭い輝きを放つ。
魅了されずに居られない。

剥き出しの宮本浩次。
宮本浩次にしかできない歌唱パフォーマンス。
歌える喜びとこの瞬間に全部賭けている姿が、恐ろしく美しく心に直に刻み込まれる。

「何かで落ち込んでんじゃねえぞ!
 俺 見ろよ、全部出し切ってんだぜ!」

と、宮本浩次の全力から言われているようで、観ていると勇気と希望を見出せるのだ。
やはり宮本浩次の、世界屈指歌唱パフォーマンスが伝えるものの凄絶さは桁違いなのだ。


宮本さん!!
第1位おめでとうございます!!

世界屈指の歌唱パフォーマンスを
これからもずっと観続けるよ!!
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい