4521 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

彼女達の旅がどうか美しくありますように

〜赤い公園 オレンジ / pray に寄せて〜

まず初めに書くが、このコラムは
津野米咲は天才だったとか、
そういう事を言いたい訳ではない。
彼女達の好きな要素をツラツラと並べる
どうしようもない素人が綴った駄文である。




悲しいことに音楽が好きなミーハーな私たちは
『二度とその人の演奏を聞けない』
となれば名残惜しくなり、後悔する生き物だ。

私もそのミーハーの1人かと思う。
現にフジファブリックも志村さんが亡くなったニュースで知り聴き始めたし、
別業界のゴッホだって亡くなってから周りに評価された。

ただ、活動休止前や解散前の音楽というのはいつもパワーに溢れていて好きだ。
そのような部類で具体的に好きなアルバムは、
SAKEROCK 「SAYONARA」
The SALOVERS 「青春の象徴 恋のすべて」
きのこ帝国 「タイム・ラプス」
とあげれば、キリがないほどに名盤が多い。

どのアルバムも共通して言える事は 本当にこれで終わってしまうの?
と思うくらいに勢いがあり、完成度が高い作品が多い。

「名残惜しい」

このように感じることが多いと思う。


その中で僕は名残惜しいと感じなかった作品がある。
赤い公園の「熱唱サマー」だ。

このアルバムは2017年夏にリリースされ、バンドの要ともなるボーカル佐藤千明さんが脱退前最後となった作品だ。
私は特に一曲目の「カメレオン」が好きだ。

リズミカルなスネアから始まり、
思わず口で、たららららららったらったたと口ずさみたくなるような
ブラスが歌っているような印象的なユニゾンが続く。

ブラスがいなくなれば、ベースの芯が太い演奏や
自由に水面を飛び跳ねるアメンボのようなギターの演奏、テクニカルで間を意識したドラミング、彼女達の演奏力が際立つ。

その中でも伸び伸びと歌う彼女の歌詞に胸をうたれた。
津野さんが作る曲には、色味が歌詞に出てくる。

『黄色い花』ではタンポポのような側にいるようなあたたかい存在でいる事を歌い、
『透明』では色味のない劣等感のようなネガティブな感情を昇華している。

そんな赤い公園がこの『カメレオン』という曲では、『本当の自分だなんて 透明もいいとこ あんたは七色のモーメント』あなただけの色を決めつけないで、あなたはあなたでいるというだけで素晴らしいと歌ってるようで感動した。

そして、それはまさに脱退する佐藤千明さんへのはなむけの言葉のようで、まさに『大団円』という言葉がふさわしかった。


そんな赤い公園は、
『終わらせたっていいけど 終わらせるなら今だけど』と歌いながらも、
彼女らの存在証明のような曲『消えない』で
ボーカルに石野理子さんを迎え帰ってきた。

ボーカルが変わり、『前の方が良かった』と懐かしむのはよくある話だが、赤い公園は違った。多くの人が、『前も良いけど、今も良いよね』となったと思う。




その矢先の訃報だった。



目を疑うような現実がそこにあった。




世間では、インターネットでは、
『SMAPの曲を書いた天才ソングライター』とか
本当の死因は?など騒ぎ立てている。


私は、確かにミーハーだ。
ライブだって、フェスに出たら見る程度で
新譜を聴く事があれど、ワンマンに行った事は一度っきりである。



ただ、音楽を聴いてない人が
美談のよう綴るのが許せなかった。
だから僕は今自分が一番見たかった
衝動のような文章を綴ろうと決めた。



最後の曲になったオレンジ、pray
この2曲は本当に最高だ。

オレンジの『最後くらいかっこつけたい』という歌詞も、ギターリフの裏で流れているノイジーなワウのバッキングも、途中から入ってくる綺麗なピアノの旋律も、雑食でJ-POPを愛した津野さんならではの曲だと思う。

また、prayのように情景と想いが詰まった綺麗な歌詞は彼女しか書けないと思う。何回も聞いても胸がいっぱいになる。個人的にはアジカンの『ムスタング(mix for 芽衣子)』のようなキーボードのアレンジが入ってるのが好きだ。




こんなもんでいいと思う。
好きな理由を高尚にしなくていい。


タイミングなんて人それぞれで
音楽は好きか、そんな好みじゃないかそれだけだ。





そんな彼女達は、
今年のカウントダウンジャパンに出演するらしい。

私も都合をつけて見に行こうと思う。



それと決めた事がある。


『彼女たちの旅がどうか美しくありますように』


僕は願うだけではなく、これからは応援すると決めた。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい