4429 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

変わりゆくものと変わらないもの

flumpool 10th Tour 「Real」に寄せて

2020年11月28日 flumpool 10th Tour「Real」福岡公演。
私にとっては約1年ぶりのflumpoolのライブだった。

新型コロナウイルスの感染が日々拡大している中でやってきたこの日。
会場である福岡サンパレスホテル&ホールは過去flumpoolのライブで何度も訪れている思い出の場所である。
今この状況でライブに行くことに複雑な気持ちもあったが大好きなflumpoolの音楽を生で感じたいという気持ちは変わらず、自分にできる最大限の感染予防対策をしながら会場へ足を運んだ。
開場時間となりガイドラインに沿って検温・来場者情報シートの提出・手指の消毒等を済ませ無事に席に着くことができた。
客席は座席を一席ずつ空けるため当然通常のライブより人の数は少なくなる。
覚悟していたことではあるが今までに見たことのない会場の景色と雰囲気に戸惑いを隠せない自分がいた。
何よりもライブが大好きでこの日を心待ちにしていたはずなのにこれほど不安な気持ちに襲われるとは想像もしていなかった。

<メンバーはどのような想いでこのステージに上がるのだろうか?>
<声を出せない状態の中でどうしたらメンバーへの感謝の気持ちを最大限に表現できるだろうか?>

答えの出ない問いが頭の中で渦巻きながら開演の瞬間を待った。

17:30 ライブがスタートした。
一曲目が始まった瞬間の力強い演奏からこのツアーにかけるメンバーの強い想いを感じ、身動きが取れなくなるほど圧倒された。
今年は様々なことが制限された日々であったが、そこには間違いなくパワーアップしたバンドの姿があり、不安だった気持ちが一瞬にして吹き飛んだ。
あの場所にいた人は皆少なからず不安な気持ちだったのかもしれない。
会場の空気感がガラリと変わったのを感じた。
そしてこの時<今日は忘れられない一夜になる。>そう確信したのである。

オーディエンスはflumpoolが届けてくれる最高の音楽に全力で応えようと、曲に合わせて大きく手を振り、手拍子に力がこもる。
曲が終わるごとに温かい拍手が起こり、声は出せなくても幸せな空気感に包まれていた。
マナーを守り、体で想いを伝えるファンの姿からは「ライブを成功させたい」「flumpoolが誇れるファンでありたい」という強い意志が感じられた。

この日隆太さんは世の中が大変な状況の中ライブに来ることを決断し会場に集まった皆へ何度も感謝の言葉を述べてくれた。
また、大切な人を守るために今回勇気を持ってライブに行かないという決断をしたファンへの熱い想いも伝えてくれた。

このライブで最も印象に残った隆太さんの言葉がある。
「今後またライブができない世の中になるかもしれない。だから今という時間を思いっきり楽しんで!」
当たり前だったことが当たり前ではなくなった今、この言葉は痛いほど胸に刺さった。

これからツアーに参加する方のために内容は伏せるがライブは大満足のセットリストだった。
この思い出を糧にまた頑張ろうと思える幸せな時間だった。
最後の曲を歌い終え充実した表情のメンバーがステージを去った後の長い拍手はライブの開催に関わった全ての人へ精一杯の感謝の気持ちが込められていた。
私自身心の中で「ありがとう」と叫び、手が真っ赤になるほどの拍手を送った。
新しい形を模索しメンバーとスタッフで試行錯誤しながら作り上げられたライブは私達に希望の光を与えてくれた。



私はデビュー当時からflumpoolを応援している。
彼等の音楽は日々確実に進化してきた。
しかし、ファンとの向き合い方は以前から全く変わらない。
いつだって「頑張れ」ではなく「一緒に頑張ろう」と寄り添ってくれる存在だった。
紆余曲折あったこれまでのバンドの歩みの中で様々な出来事に直面したがいつもファンと共に乗り越えその度に絆を深めてきた。

活動休止も経験した。
ファンも辛いがメンバーの方がもっと辛いだろうと感じるような場面でも、まずflumpoolを愛する人達に対して優しい言葉をかけてくれた。

<もう私達は十分大切にしてもらっている。もっと自分達のことも大切にして良いんだよ。>

メンバーのあまりの優しさに今までそう思うことが何度もあった。
flumpoolはそれほど温かいバンドなのだ。
楽曲にもその優しさは表われていて、flumpoolが持つ唯一無二の魅力は多くの素敵なファンを惹きつける。
これもライブに行くたびに感じることの一つだ。
皆が彼等に向けて送る視線はいつだって温かい。


この先どのような未来が待っているかはわからないがバンドはこれからも前に進み続けるだろう。
flumpoolの音楽を必要としている人のために。
そんな彼等の歩む道にこれからも付いて行く。
私にできることはただそれだけだ。

[変わりゆくものと変わらないもの]
今を生きるためにどちらも必要なものである。
それに気づくきっかけを与えてくれたflumpoolに心から感謝している。

一日も早く皆が安心して音楽を楽しめる世の中になりますように。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい