4429 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

あなたの世界はもう「ひとり」だけのものではなかった

2020年12月7日(月) ヒトリエ 無料配信ライブ「HITORI-ESCAPE 2020」

去る12月1日のこと、ヒトリエから新曲「curved edge」をリリースすることが発表された。
ついにヒトリエの新曲が聴ける! 胸が躍った。だけど正直期待半分、残りの半分は不安だった。その理由は現体制となってから初のヒトリエの新曲だったからに他ならない。
期待も大きい分、これまでのヒトリエと全く違う曲だったらどうしようという不安もあった。

そして12月7日、日付変わってすぐに「curved edge」が解禁になった。
日付変わってすぐに聴いた。
初めて聴いた時の感想はこれだった。
「お?」
正直なところ時間が経ち過ぎていて、その時なぜ「お?」と思ったのかはよく覚えていない。

そして「curved edge」がリリースされたその日の夜、リリース記念にYouTubeで無料配信ライブ「HITORI-ESCAPE 2020」があることを知った。
しかも私がそのことを知ったのは開始1時間前のことだった。

ライブ開始早々思ったことは「スパチャの勢いがすごい」

この日のライブはYouTubeのスーパーチャット機能(以下スパチャ)を使った、いわゆる「投げ銭」が可能だった。
そこには円だけでなくドルやユーロなども投げ込まれていた。何回かYouTubeでの生配信を見ているけれど、あんな光景のスパチャを見たのは初めてで驚いた。

ギターだけでなくボーカルも任されることになった直後のシノダはwowakaの再現をしているように自分の目には映っていた。
それは仕方のないことだし、それを求められていたんだろうし、またそれをメンバーもきっとみんな分かっていたんだろう。
シノダだけでなくイガラシもゆーまおもいっぱいいっぱいだったのかもしれない。
だけどこの日のシノダは違った。
「wowakaの代わり」ではないシノダがそこにいた。
何というか去年はwowakaの再現をしようといっぱいいっぱいだったシノダがこの日は「自分は自分」だとのびのびと歌っていたように映った。
どんなにあがいてもwowakaはwowaka、自分は自分だと、それを受け入れているように映った。
wowakaにしか作れない世界があったように、シノダにはシノダにしか作れない世界がある。
その変化はシノダだけじゃない。イガラシも、ゆーまおもだ。
それは見ていたこちら側がシノダがボーカルギターのヒトリエを受け入れる余裕ができたから、だからその変化を受け入れることができたのかもしれない。

「SLEEPWALK」で見たハンドマイクを使って歌うシノダ。
初音ミクのコーラスが入っていた「アンノウン・マザーグース」。
wowakaがヒトリエで初めて作ったという、ヒトリエにとってのはじまりの曲「カラノワレモノ」。
wowakaの姿在らずともここにwowakaが在ることを証明してみせた。

そして最後に演奏されたのはこの日リリースされた新曲「curved edge」。
直前のMCでシノダは「緊張してきた」と言っていた。言葉通り緊張の瞬間だったに違いない。自身作詞作曲の曲をヒトリエで初めてライブで演奏する瞬間。

「curved edge」それは何の違和感もなくヒトリエのこれまでの世界に溶け込んだ。
ライブでこの曲を聴いた瞬間、ヒトリエのこれからに希望の光が差したように感じた。



’’こんなクソみたいな現実見させられてもまだ尚、
僕ら不健全な瞬間に飢えて飢えて仕方無いのさ
やめられやしないね、もう戻れやしないね
ほら面倒臭いフレーズ
聴神経に突き刺され’’
   (——以上、’’ ’’内全て、ヒトリエYouTube公式チャンネルの『curved edge』MVの概要欄にある歌詞より引用)



ヒトリエの曲はライブに強い。
これは私の持論だけど、ライブに強いバンドはきっと大丈夫。

ウィキペディアによるとヒトリエの前身バンド名は「ひとりアトリエ」だったらしい。
だけど、wowakaひとりの世界から始まったヒトリエの世界は今こうして世界にも広がっている。
あなたの世界はもう「ひとり」だけのものではなかった。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい