4401 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「BUMPのどこが好き?」と聞かれて《人間性》と答えた私

『BUMP OF CHICKEN aurora ark TOKYO DOME』を観て今思う事

「BUMPのどこが好きなの?」



同僚にそう聞かれたことがある。

私はBUMP OF CHICKENが大好きだ。
その中でもVo.Gの藤原基央さん(以下藤くん)がとても好きで、ことある事に藤くんの話をしていたのでアイドル的な感じの[好き]だと思われたのかもしれない。


BUMPのどこが好きか?
音楽が好きなのは言わずもがな。
声?歌詞?
どれも好きだけど、それでは言い尽くせてない気がする。
そして辿り着いた答え。



《人間性》



アルバム『aurora arc』を引っさげてのドームツアー『aurora ark』
そのファイナルの模様を収録した映像作品『BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark TOKYO DOME』が、ファイナルの日のちょうど1年後の今年11月4日にリリースされた。


1年間、ずっと待っていた。


発売日に休みをとり、1人になれる時間を確保した。
手元に届いただけで感極まり、ドキドキしながら開封した。
観るぞ。
ツアータオル、OK、ティッシュ、OK、PIXMOB(会場で配られる赤外線で制御された光るリストバンド)OK。
デッキにBlu-rayを入れる。
緊張。

始まった。

オープニング映像、メンバーの円陣。
歌声。

思い出す、あの日の彼ら。
幸運にも私はこの日、この会場にいることが出来た。
あの日の音が、光が、熱量が
蘇る。
この映像を観て、まるであの日に戻ったように、会場で体感しているかのように感じる事が出来た。


1つ1つの音が、4人の想いを乗せて、寄り添いに来る。
そんなライブだった。


「全部ここに置いていくからな」
あの日繰り返し言っていたその言葉通り、音で、歌で、言葉で
全てを使って一人ひとりに届けようとしてくれていた。
「ライブは何万人いようと一対一」
藤くんが語るその事を、肌で感じる。
私に向けて、真っ直ぐに届いた。

ちゃんと、受け取ったよ。



BUMP OF CHICKENの代表曲『天体観測』
2001年にリリースされ、幾度となくライブでも演奏されてきたこの曲を、4人で顔を見合わせ、息を合わせ、気持ちを合わせ、とても楽しそうに演奏する。
《古の呪文》と本人が揶揄する「oh yeah hey ah han」の部分をリスナーが歌うのもお約束になっているが、この映像ではリスナーが歌ってくれる事がとても嬉しいというような藤くんの大きな笑い声が入っている。
何百となく繰り返し演奏してきたこの曲で、同じように何百となく繰り返してきたこのやり取りで、こんなにも楽しんでいる。



この人たちは、本当に音楽に誠実だ。



映像を観て、1番感じた事。
笑顔が多い。
4人が心から音楽を楽しんでいる。それが伝わってくる。
メンバー同士で向かい合って演奏したり、振り向いたり、肩を組んだり
リスナーに向けても
全て、笑顔で包まれていた。



そして印象に残った歌詞《明日》


《「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけていた》
『天体観測』


《昨日や明日じゃなくて 今を唄った歌》
『メロディーフラッグ』


藤くんは、その時々で歌詞を変えて歌うことがある。
《今》を歌う印象の強いBUMPが、この日歌詞を変えて多く歌ったのは《明日》



《繰り返す明日(今日)だって 明日(今日)だって叫んでいる》
『望遠のマーチ』


《あぁ 僕はいつも 精一杯 明日に(唄を)歌う》
『ガラスのブルース』


《僕の上にも届いたように 君の明日(空)まで届いてほしい》
『流れ星の正体』




今年、誰もが予想もしなかった年になった。
今までの当たり前が当たり前ではなくなり、生活も一変した。

「未来はどうなるかわからない」
あの日藤くんが語った言葉。
その通りだった。

未来はどうなるかわからない。
だからこそあの日、『明日』に向けて歌ってくれた事が、今、心の支えになっている。



今年、BUMPリスナーにとっても予想しない年となった。
たくさん泣いた。
それは音楽とは関係のない事で。

音楽に関係のないのだから、泣く必要なんてないのかもしれない。
でも涙が出る。

それは、彼らの人間性が好きだから故だと思う。



「綺麗事に聴こえるかもしれないね」

あの日藤くんはそう言った。
でもファイナルで、そしてこの映像で、更には今までの彼らの全てで届けてくれたもの。
その中には綺麗事なんて微塵も混じっていなかった。



こんなにも誠実で音楽を愛する4人。




私は次誰かに
「BUMPのどこが好き?」
と聞かれても、やっぱり

『人間性』

と答えるだろう。




※歌詞の中の()内は本来の歌詞
※歌詞変えは全て『aurora ark』より
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい