4276 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

曲名も分からない名曲に救われたあの日

マカロニえんぴつのGt、Voはっとりが深夜にあげた1曲

幸せとは何か。
私は幸せな時、辛い時、頭に思い浮かべる人かいることだと思っている。



自分の話になってしまうが、私は最近個人的に辛いことがあり、周りを信じられなくなった時があった。
そんな時、頭にぱっと浮かんだのは、たしか去年の春辺り、マカロニえんぴつのギターボーカルであるはっとりが深夜にInstagramに載せていたある曲だった。

「すぐ消します」
今しか聴けない。
そんな高揚感に包まれて私はその曲を聴いた。
深夜、静まり返った部屋では1台の携帯から流れる音楽と、私の鼓動しか聴こえてこなかった。

その曲を聴いた時、私はどう思ったのかもう思い出せない。
何故そんなに深夜まで起きていたのかも思い出せない。
ただ、その1曲は深く私の心を打った。
私は手帳に歌詞を書き留めておいていた。


必死に探した歌詞を書き留めておいていたノート。
そこには歌詞に加えて「メロディー」と記されていた。
恐らく当時の私が勝手にその曲につけた題名だ。
聴いた日からはもう半年以上過ぎていたのに、私は歌詞を見た瞬間不思議と口ずさんでしまった。
口ずさんで、涙が止まらなかった。

はっとりの書く歌詞は、人を否定しないところが好きだ。
過去のLIVEのMCで言っていた
『マカロニえんぴつです。全部分かってます。』
という言葉に何度救われただろうか。
変われない自分、変われない誰か、嫌いな自分、嫌いな誰か。
1人で過ごしたい、でも1人は寂しい。
背中を押してくれる曲が私には必要だ。
辛い時、テンションを上げてくれる曲も必要だ。
でも、「もう辞めたい」
そんな気持ちを否定しない曲も必要だ。
わがままだと思うが。

私はこの文章を書く時少し自分の中で迷った。
特に発表された訳でもないあの曲は、一体なんという曲で、誰が作った曲なんだろうか。
「マカロニえんぴつ」というべきなのか、個人活動はしていないがはっとりというべきなのか。
でも、この1曲は私の人生を左右させるほど私に大きな影響を与えた曲だった。
分からないが、私にも言葉に出来ないが、なんとなくこれはこの曲に関することだけでなく、音楽というものの底にあることなのではないかと思う。


あの曲の歌詞を書くのは、何となく違う気がしている。
深夜にしかあげなかったことにはきっと理由があるのだろう。



「辛い時、幸せな時、思い浮かべる人はいますか?」
私はその質問にいつも「いいえ」と答えていた。
音楽は私にとって大きな存在だ。
そして、一聴き惚れしたマカロニえんぴつは、はっとりの歌声は私の回答を変えてしまうほど大きな存在だ。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい