4729 件掲載中
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

米津玄師にしか作れない米津玄師の音楽

2018年1月10日「米津玄師 2018 LIVE / Fogbound」の記憶

 2021年1月10日。2018年1月10日に日本武道館で開催された米津玄師のライヴ「Fogbound」からちょうど3年が経った。米津さんの武道館ライヴは、自分が今までに行った米津さんのライヴの中でも特に印象的で、私はその時の感動を今でも憶えている。私は、南東スタンドの一階席から、どこか夢のようなその光景を、しかとこの目に焼き付けようと、真剣に見つめていた。

 そこでの米津さんの音楽、歌声、ゲストの方たちとのパフォーマンス、ライヴの演出、そのどれもが凄まじく、素晴らしかった。そこで繰り広げられた言いようのない美しい光景については、他の方々が書いた鮮烈なレポートが存在している。ここでは、あくまで私自身の、非常に個人的な記憶の断片として書き綴らせてもらいたい。

 私が米津さんのそのライヴを観て一番強く感じたことは、「この人、命を削って音楽を作っている。削った命を燃やしながら歌っている。普通の人間がこれをやり続けたら、正気ではいられなくなって、身が持たないのではないか。」だった。米津さんの素晴らしい音楽と歌声とパフォーマンス、かっこよさに対して以上に、米津さんはきっと、自分の命を削りながら、正気と狂気の狭間で音楽を生み出しているのではないか、ということに対して、私は畏怖のようなものを感じたのだった。それくらい、米津さんのパフォーマンスには、これをやり続けたら燃え尽きて灰になってしまうのではないだろうかと感じるほどの、刹那的な、炎のような輝きがあった。

 実を言うと、私は米津さんの武道館ライヴに行ってからの数日間、なかなか寝付けなくなってしまった。過去に他のアーティストのライヴに行った時、その当日は、感動と昂揚感で眠れなくなることはあったけれど、それが数日続くなんてことはなかった。米津さんのライヴから受け取ったもののパワーが強過ぎたのかもしれない。眠ろうとしても、そこで観た光景や受け取った音楽、言葉が頭の中で何度も何度も再生されてしまうのだった。

 武道館ライヴでの米津さんは、その約1か月前(2017年12月14日)に私が観たパシフィコ横浜での、ちょっとぶっきらぼうで、ちょっと居心地が悪そうな感じのMCをしていた米津さんとは別人のようだった。私はそれを見て、米津さんは、表に見えるクールさや理知的な面と裏腹に、本当は心の奥に、詩人のようなロマンティシズムと熱量を持っている人なのではないかと思った。2018年1月10日のライヴのMCで、武道館の収容人数が15,000人であることを確認した後、米津さんは次のように語ってくれた。

「音楽というのは1人で完結するものじゃない。だから、15,000という数字にしてしまうのはすごく心もとない。1対15,000ではなく、1対1が15,000通りあるということだと思う。あなたが聴いてくれることによって、自分の音楽は完成します。だから、あなたの心の中に、ほんの少しでもいいから居場所がほしい。今日みんながこうして来てくれたということは、少なからずみんなの中に米津玄師の居場所があるということ。こんなに嬉しいことはない。こんなに美しいことはない。これからも、誰も聴いたことがないような、自分にしか作れない音楽を作ることによって、あなたとおしゃべりがしたい。」

 米津さんもひとりの人間である以上、米津さん個人が、自分の音楽を聴いてくれる何十万人、何百万人の全ての人たちの想いを受け止めて、全ての人たちに応えることは、どれほど願ったとしてもできない。でも、音楽でなら、それが可能になる。音楽でならば、ひとりひとりの心に寄り添い、1対1の関係性で対話することができる。米津さんは今から3年前のその頃からすでに、音楽の限界と可能性の両方を自覚したうえで、自分にしか生み出せない音楽を創り続けていく覚悟を持っていたのではないか、と感じる。それは、現在にまで至る米津さんの一貫したスタンスにも繋がっている。

 米津さんの口から語られた「自分にしか作れない音楽」という言葉が、とても印象的だった。その言葉の通り、米津さんは、米津玄師にしか作れない、米津玄師の音楽を通して、いつも、聴く人ひとりひとりが、一番必要としている言葉を語りかけてくれている。

 米津さんがライヴでひとりひとりへ向けて語りかけてくれる言葉はいつも感動的で、どれも大切だけれども、私はこの武道館ライヴでの米津さんの言葉がすごく印象に残っていて、今でも心の中に大切にしまってある。この先も、私は毎年1月10日になると、それを思い出すだろう。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい