4391 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

majikoが紡ぐ、母娘の絆に寄せて

孤独と戦うすべての人へ

米津玄師にEve、天月-あまつき-にまふまふなど、近年ニコニコ動画出身のアーティストが人気を集めている。今や若者から絶大な人気を誇る、ソニーミュージック在籍・CHiCO with HoneyWorksも、告白実行委員会を立ち上げる前までは「竹取オーバーナイトセンセーション」「ラズベリー*モンスター」などでニコ動を盛り上げていたイメージが忘れられない。






わたしが人生で初めて行ったライブは、2013年の「EXIT TUNES ACADEMY」さいたまスーパーアリーナでのライブだった。通常E.T.Aと呼ばれるこのライブはインターネット上で人気を集めるアーティストを集めた、歌い手の祭典である。わたしはここで、彼女に出逢った。出逢ってしまった。




「ねえ、もしも僕に心があるなら」




透き通るような歌声。しかも一発目からアカペラ。
マイク一本でアリーナのスタンディング席まで力強く響く彼女の声に、背筋がゾクっとした。
いまでも「majikoの心做しを初めてのライブで聴いた」のはわたしの自慢話だ。




そう、彼女の名前はmajiko。






当時はまだメジャーデビュー前で、名義も「まじ娘」だった。本名の小島を逆から読むと「まじこ」。それが彼女のアーティスト名の理由らしい。現在はユニバーサルミュージックと契約をしており、ドラマ「限界団地」の主題歌を務める他、ストレイテナーのトリビュートアルバムに参加するなど、活躍の場はネット以外でも年々広がりを見せている。




2010年に初めての歌ってみた動画をあげて、ニコニコ界に舞い降りたmajiko。ボイストレーナーの母とドラマーの父の間に生まれた、才能も実力もありきの彼女は瞬く間に人気を集め始めた。




彼女を一躍有名にしたのが、まさにあのとき聞いた「心做し」や「アイロニ」カバー動画である。わたしには、ほんとうに人生やめたくなるほど辛い時に聞くボカロ曲が2曲ある。そのうちの一つがmajikoカバーの「アイロニ」だ。23歳を迎えた2015年にはアルバム「Contrast」でデビューを飾った。




2019年に出したレーベル移籍後初のフルアルバム「寂しい人が一番偉いんだ」では、ボカロP・カンザキイオリとタッグを組んだ「エミリーと15の約束」をオープニング曲に。個人的にmajikoにたいして圧倒的なバンドサウンドのイメージが強かったので、儚く語りかけるようなこの曲は、わたしの中では「新たなmajiko」であった。







“よく聞きなさい。 私はこれから遠いところに旅行に行くの。”


“ちゃんとお土産は買って来るからね? それまで私と約束して欲しいの、エミリー。”



母が子に語りかける口調で、「エミリーと15の約束」はまるでお伽噺の一ページを捲るように始まる。この曲でmajikoは、タイトル通り、15の約束を歌い上げる。この約束は、人が定められた道を幸せに歩むための教えである。幼い子どもへのメッセージという形をとって、大人たちにダイレクトに響く、カンザキイオリさんの歌詞たち。




“寝る前はちゃんと歯を磨いてパパにおやすみと言いなさい。”


“学歴に何の意味もないわ。好きな場所で働きなさい。”


“清く正しく愛を学んで。正しさはあなたが決めなさい。”


“いつ何時も笑顔でいなさい。 笑顔はあなたを強くする。 でも悲しい時、苦しい時、 大切な人の前で泣きなさい。”



わたしたちの日々は、色やカタチは違えど、みな棘だらけだ。悪意や妬み、嫉妬の渦のなかで、擦り切れていってしまう小さな無垢な優しさとmajikoの切なさが篭る、それでいてエモーショナルな歌声がシンクロする。




アルバム発表時のインタビューにて、majikoはこの曲について、自身の母との思い出を語っている。



 「自分は母を亡くしているからこそ、この歌詞にはすごく共感できたんです。母が亡くなってもう4年が経ちますけど、いまだにその傷は癒えてないので、カンザキさんがこういう曲を書いてくれたことで、自分が母に抱いていた感情に改めて気付くことができて、すごく良いタイミングでした。たぶん母が私に言いたかっただろうことをこの詞に当てはめて納得したり、懐かしい気持ちになったり。母のことはすごく尊敬していたので、この曲に限らず、歌い方やメソッド的なものは全部の曲に入ってると思いますし、どこかしらで意識してますね」(Mikikiインタビュー)






15の約束のなかで、わたしが1番好きな、13番目の約束は、このmajikoの想いをそのまま表しているような歌詞だ。






“大人になったら私を忘れて、 あなたの価値観があなたを支えなくちゃいけない。
理屈じゃ守れないものが沢山あるの。でもあなたが信じるものが、あなたが愛するものが、 何よりも大事な真実になるのよ。”





大人になった彼女を支える、歌。そして、彼女の歌を愛する、この世界の人々。最初はパソコンの画面を通して発信されたmajikoの歌声は、いつしか多くの人の心を救い、その孤独を埋めてきた。その大きな真実は、いまや不動のものとなり、彼女の道となっている。




お伽話や空想の世界を親が子に話すのは、彼または彼女に、自分の信じるものを見つけて欲しいから。誰に馬鹿にされたって、辛いことがあったって、心に自分だけの十字架を持っている人は、大丈夫。自分の価値観が、自分を守ってくれる、最高のお守りになるから。






昨年12月にリリースした「世界一幸せなひとりぼっち」は彼女、そしてわたしたちをどこへ連れて行くのか。寂しさの果てが冷たい場所でないように、majikoの歌声が、わたしたちを包んでくれる。果てしなく続く孤独への祈りのようなmajikoの歌声から、今後も目が離せない。


▲インタビュー出典:Mikiki
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい