4743 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ロックを教えてくれた

私とONE OK ROCKの話

初めてONE OK ROCK(以下ワンオク)に出会ったのはいつだろうか。
兄と母が聴いていた。それを横で何気なく耳に入ってきたのが最初だろうか。

今私は高校を卒業する目前にいる。
ワンオクを聴き始めたのは小学6年生くらいの時だろう。
その頃の私はというと自分の思ってることや、聴いている音楽を自分以外の人に知られるのが恥ずかしかった。
今となってはむしろ誰かに知ってほしい、伝えたいと思うが、その時の自分は知られるのが怖かったのだ。

最初は兄が話していたバンド名を検索してMVをみてみたり、ラジオを聴いてみたり。いい声だななんてその頃感じていたと思う。

中学生になって少し経った頃くらいに母と兄に連れられて大阪城ホールにワンオクのライブをみにいった。
初めてロックバンドのライブをみるということで、緊張した。
あの日のことは昨日のことのように覚えている。
着ていた服。どうやって会場まで行ったかなど全て思い出せる。
それくらい衝撃的だったのだ。

幸運にも私は最前のブロックだった。目の前で繰り広げられている嘘みたいな光景は多分一生忘れることはないと思う。

その日を境に自分の感情を抑えることはできず、毎日毎日学校から早足で帰ってきてはワンオクのことを調べまくって曲を聴きまくった。
中学時代のノートを広げてみれば至る所にワンオクの歌詞が書いてあるだろう。学校の机にも書いた。

そこから今この瞬間までワンオクはずっと一番近い場所にいる。
あの頃は周りにワンオクを知っている人なんていなくて共感を求めても反対的な意見ばかりで苦しかった。
でも今は誰もが知ってるロックバンドになった。
あの頃の自分に言ってあげたいその感情は間違ってないと。

ずっとずっと心を掴んでは離してくれない。
ワンオクが新しいアルバムを出せばまた新しい発見がある。

いつかのラジオ番組で言った
「君のやる気で未来は何倍にもなる」って言葉をいつまでも信じてる。

一番の存在でその上はいない。
私の原点であり頂点だ。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい