4729 件掲載中
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

米津玄師の『右眼』

「僕が作ったもの」で繋がる『僕』と私の距離感

そういえば、そうだった。

2年前、私が25年ぶりに参加したライブ「脊椎がオパールになる頃」の福井公演1日目に参戦した理由の一つ。

その当時、ずっと行くことのなかったライブに、それも若者が大半と思われる米津玄師のライブにアラフィフの私が参加しようと思った理由の大部分を占めていたのは

「米津さんの『右眼』が見たい!」

というものだった。

MVやごく稀なテレビ出演時にしっかりと前髪でガードされて見えない米津さんの『右眼』。

米津さんの切れ長で澄んだ眼が好きなため、『右眼』も見てみたい、ライブなら激しく動くだろうから前髪が乱れて見ることができるだろう。そう思っていた。

ライブ会場に入場すると席はステージの右真横だった。

「見られるかも!?」

と期待したものの、席はステージから遠く、前髪のガードは固く『右眼』を見ることは叶わなかった。

けれど、2年経った今、あれほど切望した『右眼』を見たいと思うことが全くなくなった。

きっと、恋人や友達、身近な仕事仲間の人は『右眼』を見ていることだろう。

ある意味、米津さんの『右眼』は、米津さんのプライベートではないだろうか。

それは、米津さんが心を開いている人達だけが見られればいいのだ。

「余白があるから最良の関係でいられるのは、友人にしろ恋人にしろそういうもので、僕と僕が作ったものを手にとってくれる人との関係もそうだ。だからあなたたちとは友達にも恋人同士にもなることはできないが、最良の関係として強く理解しあえたら幸せだなあと思っている。」

これは、2012年6月4日の米津さんのツイートだ。

そして、昨年のHYPE広島公演のMCでも、同じ内容のことを言っている。

「俺とみんなは友達にはなれない。でもだからこそ、友達以上の関係を作ることができる。もっと俺に歩み寄ってほしい。俺から歩み寄っても意味がないんだ。もっともっと、俺に歩み寄ってほしい。」

これは、変化を続ける米津さんにとって、変わらない核をなす考えなのだと思う。

「僕が作ったもの」で繋がる私は、米津さんがあえて晒してないものを無理に見なくてもいい。

素晴らしく最高な「僕が作ったもの」。

それに触れることができる。

そして、一生、音楽を続けていくと言ってくれた米津さん。

未来には、米津さんの音楽が待っているのだ。

「望むのは簡単だ あなたのいる未来が ただこの目に映るくらいでいい 私はそれで眼福さ」“眼福”

“眼福”で歌われているように、そう、それだけで、『眼福』で『耳福』なのだ。

あえて晒してないものを見る必要はない。

それが、「僕が作ったもの」で繋がる『僕』と私の距離感なのだ。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい