4729 件掲載中
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

わたしの好きなバンド、カッコいいだろ?

BUMP OF CHICKEN ’なないろ’を待ちわびて

ついに!とうとう!
BUMP OF CHICKENの楽曲が、5月17日から放送の始まるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌になる。
嬉しくて嬉しくて、ぴょんぴょん飛び跳ねたい。

いつか、BUMP OF CHICKENが朝ドラの主題歌を担当する日がくるといいのになあ、とずっと思っていた。



2月27日、BUMP OF CHICKENはNHKの’SONGS’に出演した。5年ぶりのことだ。
メディアでの露出が非常に稀な彼らの姿を久しぶりに地上波で見ることができるということで、リスナーはドキドキワクワク、土曜日の夜を心待ちにしていた。


テレビを持っていないわたしはすぐに、見逃し配信で番組を見られるNHKオンデマンドの登録をした。今までずっと月々の利用料を出し渋っていたのに、ちょろいもんである。
オンタイムで視聴していた友人たちがツイッターで流す感動の言葉をちょっと羨ましく眺め、期待を大いに膨らませて配信を待った。
翌28日日曜日の夜、満を持して彼らの演奏と、ボーカル・ギター藤原基央さんのインタビューを観て聴いた。パソコンの前でひとり、じっと画面を見つめ、イヤホンでその音と声に浸った。


’SONGS’の感動も冷めやらぬ3月1日。
お昼ご飯の支度をしていた時だ。ツイッターの通知にスマホの画面を開けたわたしの目に、BUMP OF CHICKEN公式のアカウントが知らせる、新曲’なないろ’が連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌に決定したという文字が飛び込んできた。

震える指でリンクにあるNHKのサイトを見る。
バンドからのメッセージには、ドラマの制作スタッフの作品づくりにかける思いへの共感が語られ、NHK側からは制作統括にあたる方の、主題歌のデモを聴いた感動が綴られていた。
「心地よくて優しい歌声、スキップしたくなるような軽快なリズム、心にじんわり沁みる歌詞。」ーNHK「おかえりモネ」HPより

どんな曲なんだろう。「スキップしたくなるような」って?


近代から現代の男女を主人公として、その半生と、主人公をとりまく人たちの人生を描く連続テレビ小説。実在の人物がモデルの場合もあれば、架空の人物の物語である場合もある。懸命に生きるその姿に背中を押されるような気になったり、共感したり反発したり。
知らぬ者は無いと言っても過言ではない、名の通った帯番組だ。その主題歌には1990年代以降、著名なアーティストや新進気鋭のソングライター、歌手の楽曲が選ばれている。そして次期「おかえりモネ」の主題歌にBUMP OF CHICKENの新曲’なないろ’が決まった。
全国のお茶の間に、毎朝毎日、BUMP OF CHICKENの唄が流れるのだ。
なんという誉れ。喜ばずしてなんとする。
夢だけど!
夢じゃなかった!
ジブリ作品’となりのトトロ’のメイちゃんとサツキちゃんじゃないけれど、思わずそう叫びたくなる。




今年、BUMP OF CHICKENは結成25周年を迎えた。
わたしがBUMP OF CHICKENとその音楽に出会ったのは6年前で、彼らの姿を追いかけているのも、バンドの歴史からしたら極めて短い期間でしかない。
出会いは人それぞれ、タイミングや出会ってからの時間はまちまちだ。
ひとりひとりに出会いの時とかたちがあって、受け取るものも違う。
それでも多くのリスナーが言うのは、BUMP OF CHICKENに出会えて良かった、同じ時代に生きられて良かった、ということだ。
届けられる唄に感動し、泣き、想いを拾われたことに感謝する。

音楽文に掲載されている投稿文のうち、BUMP OF CHICKENについて書かれたものの数は群を抜いて多い。それだけBUMP OF CHICKENとその音楽のことを語りたい人が居るのだ。拾われた想いを、出会いを、誰かに聞いてもらいたくて言葉にする。
それはとりもなおさず、彼らへの感謝でもある。


25年間、バンドを続けてきてくれてありがとう。
音楽を届けてくれて、ありがとう。
これからも続けていくと決めてくれて、ありがとう。

このわたしを見つけてくれて、ありがとう。

こんなにも心惹かれるものに出会えるとは。




「俺のバンド、カッコいいだろ?」

’BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark'、ファイナルの東京ドーム公演でのアンコール’スノースマイル’で、歌と歌の合間に藤くんが放った言葉だ。




カッコいい人たちの唄が、全国のお茶の間に流れる日もそう遠くない。
その日、わたしは声を大にして言うだろう。

わたしの(好きな)バンド、カッコいいだろ?
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい