4580 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

USG 2020 "LIVE (in the) HOUSE"

大好きなバンドマンが教えてくれたお家という箱庭

 2020年、予期せぬ事態に世界の人々が脅かされてしまった。コロナウイルスの蔓延、そして拡大防止のための自粛により、行き場を失ってしまった感情は世界中で迷子になっていたことであろう。私もその一人である。

 私は音楽が好きだ。そしてライブに行くことが私をまた立ち上がらせてくれる最大のエナジーであった。

 2020年1月18日、とあるライブに当選した。自身の人生で初めての、憧れの誕生日ライブ、そしてそのライブのアーティストは一番好きなバンドであった。これ程の幸せはないとその日を待ち侘び"日常"を過ごしていたが、世界を脅かすウイルスによりそのライブはいとも簡単に私の誕生日から消え去ってしまった。当選当時の浮かれたツイートを見返しながら、「67日後に延期になる誕生日ライブじゃん、、、ハハッ」なんて、当時流行っていたワニの漫画を重ね合わせながら笑っていたが、落ち込み具合は尋常ではなかった。他にも当選したライブが次々延期になる中、私の行き場のない感情はさらに迷子と化していた。

 そんな時、あるお知らせを目にする。"LIVE (in the) HOUSE"開催のお知らせ。普段から上手いな、というタイトルをつけるそのバンドは、今回も絶妙なネームで色のなくなった世界にオンラインライブをぶち込んできた。自分の中から音楽が遠ざかっていく感覚になる中、見えてきた唯一の光のように思えた。「そうか、家もライブが見れればライブハウスだな。」、そんなことを思いながら迷わずチケットを購入した。

 UNISON SQUARE GARDEN、その名の由来を調べると、ニューヨークにあるMadison Square Gardenの頭文字を、ボーカルの斎藤さんの斉(本来は斎であるが)を取った斉唱(ユニゾン)に置き換えたものであると記されている。だが、私はUNISON SQUARE GARDENというバンド名は彼らのバンド人生そのものであると考える。UNISON(斉唱) in SQUARE GARDEN(箱庭)。ライブハウスという箱庭で、自分たちの演奏を響かせる、そしてファンと一体となる(斉唱)。ちょうど彼らの曲にも『箱庭ロック・ショー』というタイトルのものがある。ライブハウスでのライブは、彼らがバンド活動の一番の要としているものなのだ。

 家という箱庭で彼らのライブを見た時、新しい世界が切り開けたように感じた。もちろん、寂しくないわけではないし、今まで通りのライブが一番なのには変わりない。画面に映された客席には人の影はなく、心を抉るほど殺風景なものであったからだ。だが、普段現実がこびり付いている家がライブ(インザ)ハウスに変わった時、自分だけの箱庭に変わった時、そこには現実とはかけ離れた、大好きなバンドマンと繋がる空間が作り上げられていた。"斉唱をしている、皆それぞれの場所で、それぞれの思いを抱えて"。いつも通り振舞ってくれたこと、オンラインライブではないと体験できない角度、視点でリアルタイムでライブを見れたこと、色の無い世界に放り込まれてしまっていた私にとって、その時間の一つ一つが私の世界に彩りを与えてくれるものであった。

 私は音楽が好きだ。そしてライブを経験することが私をまた立ち上がらせてくれる最大のエナジーである。全てのライブが延期になり、箱庭で斉唱することが遠い過去の話になった時、私の中の音楽への感情は迷子と化した。だが、大好きなバンドマンは教えてくれた、家という素晴らしい箱庭があるということを。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい