4673 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

恋の味

星野源の新曲「不思議」を聴いて

恋ってどんな味だろう。
この曲を聴いて少し考えた。
恥ずかしいのと、相手の立場的に好きと言えない絶賛片思い中の私には、この曲が甘酸っぱく感じた。

「"好き"を持った日々を
ありのままで
文字にできるなら
気が済むのにな」-「不思議」歌詞引用

まさにこの歌詞の通りだと思った。
私の感じた甘酸っぱさの原因はここにあったのだ。



過去の星野源さんの曲には、愛や恋を歌った曲が沢山ある。

社会現象にもなった『恋』はキャッチーな曲だった。

多角愛を歌った『Family Song』はポップでありながら涙を誘う曲だった。

わりと最近の曲『Ain't Nobody Know』は大人の色気が漂う曲だった。(子供が言うことでは無いが)


この曲には全ての要素が入っている気がする。
でもフルサイズで入っているわけではない。

『恋』の楽しくキャッチーでキュンとする甘酸っぱさ。

『Family Song』の色々な愛を感じさせる甘さ。

『Ain't Nobody Know』のキスに似合う酸っぱさ。

この美味しい所全部取りといったところで、また違った曲ができている。
まさに『キスにも涙にも似合う曲』である。


「初恋はレモンの味」とよく言うが、レモンなんて人によっては甘くも酸っぱくも感じるし、苦いと思う人もいる。

この曲を私は「甘酸っぱい」と表したが、人によっては違うだろう。
昔の恋を思い出して「苦い」と感じる人がいるだろう。


そもそも、「恋」という目には見えないものに味付けをする私たちは本当に奇妙で不思議である。

でも少なくともこの曲には、色んな味が感じられると思った。
人によって沢山の「愛」や「恋」のかたちがあるように。

だからこそ沢山の人に受け入れられていると思うのだ。
既にインターネット上には沢山の感想が溢れている。
それを見るたびに、色んな捉え方があって面白いなぁ、と感じる。



相手に「好き」と言えない私の片思いは実らないだろう。
でもこの曲を聴いて何かを感じたり、心を動かされた貴方の恋がどうか実りますように。
それと、できればその恋はどんな味がしたのか、教えて欲しいんだ。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい