4729 件掲載中
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

魂で聴く。

宮本浩次さんの音楽

私は生まれつき難聴です。
日常生活に支障があるので補聴器は欠かせません。教室ではいつも前の席でした。広い場所での校長先生の話などは、音が拡散してしまうので内容が聞き取れたことはありません。

そんななので音楽は苦手です。音楽を聞くことは出来るけど音階とか上手さの違いとかよく分からない、いや分からないはずと諦めてると言った方が正しいか。友達が良いよとすすめる歌手を自分も聞いて、同じ話題にのるようにしていました。本当はみんなにこの曲がどう聞こえているのか?私とは違う楽しみがあるんだろうなあと思いながら。

ある日テレビから宮本浩次さんの「ロマンス」が流れてきて思わず足を止めました。目が耳が離せなくなった。身動ぎもせず最後まで一生懸命聴こうとその場に立ちすくんでいました。
「あなた」を聴きました。涙が流れました。アルバム「ROMANCE」を買いました。号泣して聴きました。
心が震えました、音楽で!
そんなことってある?驚きました。

それから聴き始めたエレファントカシマシ。ほかの歌手と違いなんとなくでも歌詞が聴き取れる、でもやっぱりほとんどの歌詞は分からない。カバー曲と違って歌の内容が分からない。MCは何を言っているのかまったく聞こえない。
それでも胸に強く迫ってくる、心を鷲掴みする切なさ、光を追い求める声、生きていくことへの肯定。

音楽はずっと私にとってコンプレックスを引き出すコンテンツでした。
そう去年までは。

ささやかな私の人生ですが、辛いこと悲しいことが日々起こります。その日はイヤホン最大音量で宮本さんの音楽を聴きます。背筋がいつのまにか伸びていく、下を見ていた顔が上がっていく、気づけばまっすぐに前を向いて歩いている。私にも明日がくる、そう信じられる。

私のこれからの人生に不安はありません。いつでも応援してくれる音楽があるから。

宮本浩次さん、あなたのファンでいることは誇りです。

わたしに音楽のよろこびをありがとう。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい