4771 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

“sha・la・la・la ”MVを観た

満面の笑顔の宮本浩次がそこにいた

6月10日、宮本浩次が主題歌を担当するドラマ「桜の塔」最終回放送日。

主題歌目的だったのに、上手い具合にドラマの内容に誘導され毎週どのタイミングで主題歌「sha・la・la・la」が流れるのか楽しみになっていた。

そして20時過ぎに公式から「22時よりsha・la・la・laのMVを公開します」のお知らせ。
ないものだと思っていたので驚いて、母にその喜びをぶつけてしまったものだ。

もうこうなったら、ドラマの最終回よりMVの内容が気になって仕方ない。
サムネイルは白スーツで街灯の真ん中に立つ宮本さんの後ろ姿。

え!?白スーツ!?
あの宮本さんが!?まじかよ!?と勝手に驚いてしまった。

そして「桜の塔」最終回終了、テレビでsha・la・la・la聴けるのも最後か〜と感慨深くなってしまったが、今度はスマホを片手にYouTubeでカウントダウン。

どんな内容なのか、エビバデは固唾を飲んでいた事だろう。

THE FIRST TAKEばりにモノクロ画面でマイクの前で軽快に歌う宮本さん。
その後ろのスクリーンにはシルエットでいつものポーズを決める宮本さん。

そして暖簾をくぐって(しゃらん亭って芸が細かい!)


キターーー!白スーツの宮本浩次!!
オレンジ色の太いネクタイがまた似合っている。

そして溢れんばかりの満面の笑顔。
ソロのMVは全て見ているが、ここまで楽しそうに笑って踊っている彼は見たことがなかった。

このMVには3人の宮本浩次がいた。

モノクロの世界で歌う宮本浩次。
スクリーンの中、シルエットで歌の世界を体現する宮本浩次。
そして、昭和の世界観溢れる街並みをまるで夢を見るかのように軽やかに歩く宮本浩次。

その笑顔が時折空元気の様にも見えるのだが、それでもどこか楽しそう。
夢を見ることが、楽しくて仕方ないのだろうこの人は。


♪粋で洒落てて金持ちで 愛する人のためには命さえ捧げる

スクリーンの中で、宮本浩次はその願いを叶えて見せた。

MVが終わり、真顔でマイクの前から去る宮本さん。
それでもスクリーンのシルエットの彼は大きく手を振っていた。
去っていく自分に、そしてMVを見ていた私たちに応える様に。

ー夢を諦めんなよー

シルエットだが、微笑む彼が見えるようだった。


ああ、もう、本当にこの人は底なしに夢を追いかける夢追い人なんだ。

エレファントカシマシでは出来ないことを少しづつ叶えて、私たちにもワクワク感を届けてくれる。


これを書いているのは6月11日。
翌日は宮本浩次の55歳のバースデーライブだ。

みんなでルールを守り、感染対策を行えばきっと成功するだろう。

いや、成功するに決まってる。

こんな世の中になっても、夢を追いかけていいんだと叫び続ける男達が全力でぶつかってくるのだから。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい