4121 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

今こそ Princeの声が聴きたい。

下界の有り様にこの時代に・・・何を想い、ギターを鳴らし、唄っているだろう?

5月、米国ミネソタ州ミネアポリスで起きた黒人男性の死亡事件。
これを機に全米に広がった抗議デモが、日に日にエスカレートし、遂に
国外にまで広がった。
米国で警察の拘束時の不当暴力により黒人男性が不幸にも亡くなったのは、
これが初めてではない。
近年で人種差別が引き金になった抗議デモと言えば、2015年4月のボルティモア
事件が記憶に新しい。この時も黒人青年が白人警官に拘束され負傷、その後死亡
したことで、警察の暴力と人種差別に抗議する激しいデモが起きた。

その事件から1ヶ月後。
Princeが“ボルティモアのすべての市民への賛辞”を籠めた歌「Baltimore」を発表。
さらに急遽現地に赴き、平和を願うコンサートも開催した。
この「Baltimore」は様々な記事を見ると、“プロテストソング”として紹介されている。けれど彼がボルティモア事件後に発したのは、単なる怒りや哀しみではない。
ただひたすらにボルティモアの平和を祈り、市民の正義と寛容さを保つことを
願っているのだと、この歌を聴くと解る。
 
Peace is more Than the Absence Of war
Absence of war
(もっと平和を 戦いなんかより 休戦しよう)

******

it's time for love 
it's time to hear
it's time to hear the guitar play
(愛し合う時がきた 
耳を傾ける時が・・・
このギターの音色を聴いてほしい)

【「Baltimore」/Al.『HITnRUN Phase Two』より抜粋】
 
彼は、「銃をなくして休戦しよう」と穏やかに語りかける。そして希望に満ちた
伸びやかで温かなギターの音色を、聴く者ひとりひとりに寄り添う近さで
丁寧にスムースに響かせる。
今、振り上げた拳は音楽を楽しむために使おう、
そして未来を自分達の手で変えるために使おう。
私にはPrinceが、こんな風に唄い奏でているように聞こえる。

YouTubeの「Baltimore」(feat. Eryn Allen Kane)MVで最後に流れる
Princeからのメッセ―ジは、こう綴られている。
“THE SYSTEM IS BROKEN. 
IT’S GOING TO TAKE THE YOUNG PEOPLE TO FIX IT THIS TIME.
WE NEED NEW IDEAS,NEW LIFE…”
つまり、若い世代がこの世を変えなければならないと。
それには新しいアイデアや新たな生き方などが要るのだと。

今ニュースで流れている事件は、悲運にもPrinceの地元ミネアポリスの
路上で起きてしまった。
この件をニュースで観て真っ先に私の頭に浮かんだのは、Princeの顔だ。
彼がもし生きていたら、どんな想いを抱いただろう? 
そして、どんな血の通ったメッセージをミネアポリスの人々に届けた
のだろう?と。

亡くなった男性の弟さんは、集まった人達に向けて呼び掛けた。
「暴力的な抗議活動や破壊行為は変化を起こせない。」
彼は別の手段をとろうと提案する。
「選挙について学んで誰に投票すべきか考えろ。
怒りのエネルギーを前向きなものに!」
また、デモ集会に来ていた若い女性もTV取材のマイクに向かい明言した。
「ここには若者が中心に集まっています。変革が必要です。」

どのメディアを観ても、‘60年代の公民権運動の時代から何も変わっていないと
嘆く者は多い。確かにここ10年以内のこのテの米国での事件を見聞きしても、
米国人ではない私でさえも、根深い人種問題には怒りや哀しみを感じるし、
似たような悲劇を耳にする度、溜息しか出ない。
けれど今回のデモ映像を観てるうち、生前のPrinceが切に願っていたコトを
現地の人達の行いや話から感じ取れた瞬間が何度もあった。
60年間も燻り続ける米国での人種差別が、今になり急に収まるなど新型コロナを
終息させるよりも難しいのかもしれない。それでも、これまでとは少し違う
感触を画面からも感じられたのは前進だ。
しかも“Princeイズム”が、人種の壁をなくしたいと願う米国民の間に浸透
していると感じられたのは嬉しい。彼等の前向きで発展的思想と行動、
それこそが「Baltimore」でPrinceが最も伝えたかったことだと思うから・・・
まだ、未来は変えられる。

彼はきっと今頃、真っ白なふわふわの綿雲の上から、みんなを優しく見守り
あの最高にチャーミングでセクシーな声で、唄っているんだろう。
戦いなんかより耳を傾け愛し合おうと。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい