4134 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

[Alexandros]を歌おう!カラオケで

おっさんの野望

私は、[Alexandros]メンバーのお父さんほどの年齢のおっさんファンだ。自分よりはるかに若い方々が書かれた素晴らしい文を読み、感動し、興奮し、涙し、すげーなー!おれも何か書きたい!と思ってキーを叩いてる。

たぶんメンバーがまだ訪れたことのない地方に住んでて、障害ゆえ遠方に行きづらいわが身の一番の楽しみが「カラオケで[Alexandros]の曲を歌うこと」。
大部分の男性には届かないハイトーンや独特のグルーヴ感を持つリズムだけでも雲の上感がはんぱないのに、どこでブレスしてんだろ、と思わされる息の長いセンテンス、なんといっても早口でネイティブ感あふれた発音を要求する英語の歌詞などなど、そんじょそこらの素人にとって人に聴かせることはほぼ不可能な曲ばかり。そこに魅力もあるんだけど、ゆえに夜の街で彼らの曲を歌おうとするお客さんはほぼ皆無。
こんな高齢者が目立てるとするならば、がんばってみようじゃないか、と思ってやってみた。

これが結構やみつきになる。ワタリドリを息も絶え絶えに歌ってみると、有名曲なので反応があるのだ。お店の人が、この曲大好きなんです!お店なんだから反応するのは仕事であたりまえなんだけど、反応のボルテージが違う。好きな曲だけど、日頃なかなか歌うお客さんがいない、そんなときに意外にもこんなおっさんが、、、の驚きが加算されてる。それにつられて、初めて隣あったような若いお客さんからうんうん、と気の入った拍手をもらったりする。調子に乗ってStarrrrrrrも歌う。うぉー!おっさんわけー!毎回ではないが、うだつのあがらぬおっさんが若者からこんな注目あびることってない。快感だ。

[Alexandros]との初めての出会いが5年ほど前、それまでロックには縁のなかった私に、人生が変わるほどのショックを与えてくれた「ワタリドリ」。徹頭徹尾輝かしく、右上がりにひたすら上昇し続けていくこの曲を初めて耳にしたとき、ゴジラが放射能を吐くように心の底から何かが噴出した。繰り返し聴くと高揚感だけでなく、「自分の空を羽ばたきつくせ!そしていつかまた会おう!」というメッセージが、一筋縄ではいかない歌詞に込められていることに気づいてそこにも惚れた。生きていく、って返(帰)ってくる、ということなのか。勝手な解釈かもしれないが、こんな年になって彼らから人生を学んだ。それからStarrrrrrrを知り、[Champagne]時代の数々の傑作の歴史をたどり、 ALXDやEXIST!を購入し、Mosquito Biteに突き上げられ、奇跡的な2018スタジアムライブの映像に泣き、Sleepless in Brooklynに驚愕し、、、、ワタリドリが入り口のファンとしては、おそらく王道を突き進んでのめりこんでいった。

最初は彼らを何も知らず、とにかくワタリドリを一日に何回も聴いてた。聴くたびに感動しつつも、でもな~一般的な男性よりちょびっと高音が出せる程度じゃとても太刀打ちできんなと、歌うことはあきらめてた。いろんな曲を聴きこんでくると、全ての曲が独特の光を放っていて、彼らの音楽に出会えたうれしさを噛みしめる一方で、歌うとしたら歌い手が本当にロックしないと、聞き手はげんなりだろな~、と、夜の街のお客さんとして人前で歌う勇気はなかなか湧かなかった。ひそかに練習はしてたんだけど。

ある日、意を決してスナックで歌ってみた。私にとってはひとり発表会なのだから、もちろん飲まない。ほかにお客さん5人くらいいたかな。女の子も同じくらい。曲は無謀にもStarrrrrrr。これがなんと自分でも驚くくらい声が出た、気がした。傷だらけではあったけど、目の前についたお店の人が今まで聴いたことない(らしい)のに、長い間奏の後に裸になるサビを一緒に歌ってくれた。この曲かっこいい!との感想も拝聴した。うれしかった。自分が褒められたみたい、あと自分が好きな[Alexandros]が認められたみたいで。
やっぱ一人で練習ばかりじゃ実際のできはわからない。人前で歌わないと、と実感した。

[Alexandros]、今はなんとかかんとかおっさんのレパートリーに入ってる。どころか、彼らの曲をできるだけ多く歌えるようになることが生きるための手段になった。目標は、お客さんとしてではなく、歌い手としてお客さんに[Alexandros]を聴かせること。もちろんお金をとってなどというオソロしいことはできっこない。お祭りなんかの発表会程度の披露だけど。
人生はおもしろい。晩年にこんな生きるための目標ができるなんて。

今、夜の街からは遠ざかっているが、アフターコロナをにらみつつ虎視眈々と発声練習してる毎日。なんとオンラインボイトレに励んでる。ここまでアグレッシブになれたのも[Alexandros]のおかげ。皆さん、ぎりぎり同じ時代にいてくれてありがとうございます!

どうだろう?こんなおっさんが、つぎはぎだらけながら懸命にロックしようとしてるんだ。チャレンジしてみようよ、若き[Alexandros]ファンの皆さん!
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい