4121 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

テレンの「ワーカホリック」に寄せて

今寄り添ってくれる曲

LAMP IN TERREN のニューアルバムFRAGILE がとてもいい。
中でも、一発で心を射抜かれたのが3曲目の「ワーカホリック」。
何と言うか、、、あまりにリアル。
自分の日常を見ているようで、初めて聴いた時泣き笑いした。
この曲を作った松本さんは私の生活を覗き見してた?と思うくらい。

まずは、歌詞があまりにドンピシャで笑えた。
とにかく一言一句が凄い。

高らかに音を響かせてる宿敵 目覚し時計
昨日どこで力尽きたとしても
律儀に機能する       とか

望みのレールはいつ使命になったの
健やかな朝はいつ苦痛になったの
ポケットには小銭が突っ込まれたまま
リビングのソファで眠るんだ   とか。

ここには書ききれないが、全ての言葉が刺さる。

そしてサビでは泣いてしまう…!

つまらない今日の先にもきっと
思い描いてた日々が待っているから
そう信じていなけりゃ壊れるでしょ
疲れ切って迎える夜明け
ベッドは散らかったまま

私にとっての「思い描いてた日々」は
会いたい人に会いたい時に会える日々であり
気兼ねなく何処へでもライブ遠征出来る日々。

好きなバンドのライブに行く事で仕事のストレスを発散し心を浄化してきた私は、それが出来ない今、辛抱の毎日を送っている。

仕事柄そして立場上、今はまだ県外には出られないしライブ参戦なんてもっての他。

でも だから
ライブに行ける日々が必ず来ると信じなければやっていられない。
先程の歌詞は、そんな私の気持ちに優しく寄り添ってくれる。

でもたまにそんな時に限って
都合の良い幸福が降ってくんのよ
もうちょっとだけ耐えてみようって
思わせやがる

大サビ前のこの歌詞も、まさに!その通り!
と思うフレーズで、思わず唸ってしまった。

歌詞についてばかり書いてきたが、メロディーも素敵だ。

歌詞だけ見ると少々暗く重苦しいが、曲は軽快で疾走感があるから、どこか希望の光が感じられる。
そして、曲全体のアクセントになっているのが色々な効果音だ。

イントロは車のエンジンをかける音から始まる。
目覚まし時計のくだりでは、2種類のアラーム音。リリリリーンという音とピピピピ、ピピピピ、という音。
朝の支度を急ぐ場面では短いため息。
これは、ボーカルの松本さんのため息かな

これらの音は、曲にお洒落で可愛い印象を与えていると思う。

最後の大サビ前にはクラップ!
そして、大サビのコーラスで曲はクライマックスを迎える…

このクラップとコーラスのお陰で、明るさとか希望を感じることができている気がする。

私は弱い人間で、音楽の力を借りて自分を鼓舞し、これまでの難局を何とか乗り越えて生きてきた。
その一つの方法として、音楽プレイヤーアプリに「がんばれ私」というタイトルのプレイリストを作り踏ん張り時に聴いているが、この曲を追加してヘビロテするのは必至だ。
ライブ参戦が叶わない今はまさに踏んばり時だから。

思い描いた日々が来るまで、LAMP IN TERREN のワーカホリックを聴きながら耐え抜こう。
そしてその日がきた暁には、ライブや聖地巡礼にいっぱい行こう!

最後に大サビの歌詞を置いていく。

つまらない今日の先にもきっと
思い描いてた日々が待っているから
期待こそしないけど信じるよ
いつまでも憂鬱な夜明け
明日もずっとその先も
愚痴だけは達者なもの
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい