4253 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

拍手にflumpoolへのありったけの愛を込めて

flumpool 10th Tour Real

音楽は不要不急じゃない。

2020年の10月24日と25日。神奈川県民ホール。
10ヶ月振りのflumpool。

私は会場に入った瞬間から涙が止まらなかった。
私が大好きな光景。私が大好きなドキドキ。ワクワク。
この感じを私はずっと待ち望んでいた。

ライブが大好きな友人と参戦した。
お互いにライブが久しぶりだったので
待ち合わせしてからずっとテンションがあがりっぱなしで
半泣きしながら楽しみにしていた。

私の日常にはライブが当たり前だった。
でも当たり前じゃなくなった。
だけどflumpoolは「中止」ではなく「開催」を選んでくれた。

人数を減らし、客席は1席開けて。
ファンはマスクをつけたまま。声は出せない。
今まで経験したことのないライブの形だけど
ライブをしてくれることに感謝でしかなかった。
flumpoolのメンバーも本当はめちゃくちゃ怖いはず。
それでも笑顔で今までと変わらない姿を見せてくれた。

ファン同士の「久しぶり〜!」って声。
ライブ後の「あのセトリはやばいよね」なんて語り合う声。
「今ここにいるよ!」って再会を楽しみにしてる声。
当たり前だった時には当たり前に聞こえてた声たち。
それが、音楽は不要不急と言われ
ライブがなかった私の日常にはこれらの言葉たちが懐かしくて。
"楽しみにしてたのは私だけじゃなかったんだな"って。

私にとってライブは「生きるために必要」なもの。
それを「不要不急」と言われた時は悲しかった。
音楽は要らないものと言われてる気がした。
でもflumpoolは『不要不急だと言われてどうしていいのか。
音楽はいけないものなのかそう思ってたこともあったけど、
不要不急だと思わずに来てくれてありがとう』と
『ひとりじゃないよ』と感謝と元気をくれた。

そこまでして行く必要がある?と親に聞かれたけど
私にはそこまでしてでもflumpoolに会いたかった。
山村隆太の歌声が、阪井一生のギターが、
尼川元気のベースが、小倉誠司のドラムが、
私に元気をくれることをわかってたから。
今しか会えないflumpoolもいるから。

煽りに声が出せなくたって、マスクをしてたって
ライブは楽しかった。なんならマスクをしてたことも
忘れてた。それぐらい夢中だった。
久しぶりの手の振りをしたらめちゃくちゃに筋肉痛になった。
でもこの筋肉痛も久しぶりで泣いた。

MCも今までと同じようにflumpoolにしか出来ないMCで、
笑いが止まらなかった。
大声が出そうなのを必死に押し殺しながら笑った。
楽しそうなメンバーの姿を見て泣いた。
声が出せない分、少しでも代わりになることをと
たくさんのことを考えてくれ、声が出せなくても一体感というか
みんなの想いが溢れててずっと泣いてた。

ファンも誰1人大声を出さずにありったけの愛を拍手に乗せてた。
今までにないぐらいの拍手の音と愛。

隆太さんが「手が真っ赤になるからそんなにせんでええねん!笑」
と言ってもファンは更に大きな拍手をした。
それはメンバーへはもちろん、スタッフさんや全ての人へ。
そういう所も含めてflumpoolを好きになって良かったなって。

家に着いても思い出して泣いてた。
次の日もその次の日も泣いてた。
友人とLINEもした。
次のライブも行きたくてしかたなくなった。
それぐらい充実していた。
ツアー中なのでセトリは書けないけれど、
flumpoolは最高に輝いてた。

ファン同士の「久しぶり〜!」が響く日を。
ライブ後の「あのセトリはやばいよね」が聞ける日を。
「今ここにいるよ!」って待ち合わせの声がこだまする日を。
「次は○○でね!」と次のライブで会うのを約束出来る日を。
ライブで声出して全力で騒げる日を。

そんな会話が当たり前になる日が来ることを
私は願い、そして友人とも早くそうなったらいいね。と
語りながら会場にさよならした。

flumpoolに会えたこの2日間は宝物になった。
私の日常にライブをくれてありがとう。
私の大好きな感情を呼び戻してくれてありがとう。
嬉し泣きの方が多かったライブだったけど本当に最高だった。

6月までツアーは続く。
誰1人感染者が出ずにツアー完走して
「flumpoolのツアー感染者でなかったらしいよ!」
「すごいじゃん!」「これでライブが出来るね!」
「音楽は不要不急じゃないぞ!!」
ってなったらいいな。
そのためには私も対策をしっかりしていきたい。

将来「こんなライブもあったね」と語り合える
ぐらい世界が良くなりますように。

ありがとう。flumpool。

ありったけの愛を込めて拍手した手は
案の定真っ赤だったが、思わず笑みがこぼれた。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい