4429 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

宮本浩次の独歩は続くよ 14

宮本浩次がカメラ目線でニヤリとした

宮本浩次がカメラに向かってニヤリとした。
「やってやるから、よくよく観とけよ」
そう言っているかの様だった。
ほんの一瞬だったが、忘れられない瞬間だった。

2/8/21’に放送されたTBS系CDTVライブ!ライブ! 2時間スペシャル番組に出演した時のことだ。

生バンドで歌う宮本浩次の姿を絶対に見逃さない!!
結構な気合いを入れてテレビの前に正座していた。
テレビカメラへ、いきなりのニヤリは、宮本浩次の意気込みが集約された瞬間を目撃しただけで、これは凄絶なことが待ってると、期待値は否が応でも上がる。

「ロマンス」「白いパラソル」「あなた」の3曲。
「ロマンス」で、宮本浩次は、いきなりトップギアに入れてきた。
迷いなど微塵も無い。
大人の本気を、抜き身のままの蒼青とした鋭い閃光で360度全方位へと解き放つ。
宮本浩次の全力の本気の熱量が、画面から容赦なく投げつけられる。息をするのも忘れていた。

「白いパラソル」ではジャケットを脱ぎ、おそらく白い繋がりで白シャツとなっていた。ギアは少し落とし気味で伝えてきた。ふんわりと優しい気持ちになった。

「あなた」で宮本浩次は、この上なく丁寧に歌っていた。言葉の一つひとつを大切に届けようとしていた。

なんて凄まじい表現者なんだろう。

振り幅が大きく、やはり歌が上手すぎる。
とんでもない才能の塊「宮本浩次」
生ライブでこそ、解き放つ瞬間の輝きを見られるのは大変光栄なことだ。
いつも感じるのは「宮本浩次」と同じ時代に生まれて幸せだということだ。

宮本浩次のアルバム ROMANCE が2/7付けのオリコンチャートで再び一位となっている。
偶然なんかじゃない。必然なのだ。
宮本浩次の歌声は何度でも何度でも浮上し続ける。

2021年は、風の時代の始まりだそうだ。
風の時代はまさに、宮本浩次から始まった。
宮本浩次の風は、力強く優しく丁寧に、聴く者の心に直接吹き続けていく。

宮本さん!
ずっと宮本さんの風に吹き続けられるよ!!
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい